CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.07.12 Friday

共闘の推進力、比例で共産広げて/小池書記局長、仁比比例候補訴え 宝の議席必ず 大分・福岡・熊本

0

     日本共産党の小池晃書記局長は7月12日、参院選で市民と野党の共闘の勝利、共産党躍進をめざし、大分、福岡、熊本3県を駆け巡りました。1人区の統一候補の必勝とともに、「大激戦の比例で共産党を伸ばし、複数区でも勝たせてほしい。財界中心、対米従属のゆがみをただす共産党が野党共闘の中にいることが、共闘をブレずに力強く進める最大の保障です」「年金だけで暮らせないから2000万円貯金しなさい、消費税も増税しますというひどい政治を変えよう」と力説しました。

     

     

     仁比そうへい比例候補は「6年前の議席奪還以来、『戦争する国』づくり、政治の私物化をする安倍政権に真正面から立ち向かい、現場から憲法を生かす政治へ頑張ってきた議席を絶対失うわけにいかない」と訴えました。

     

    ■大分・トキワデパート前

     

     

     自民党が「激戦区」と位置づけ前日11日に安倍晋三首相も入った1人区・大分で、あだちきよし野党統一候補(無所属)がメッセージで「立憲主義、民主主義を守り、平和と人権を尊重する国政をめざす」と表明。「平和をめざすオールおおいた」の神戸輝夫共同代表、社民党県連合の久原和弘代表、立憲民主党の横光克彦衆院議員が小池、仁比両氏と手を結び、大きな拍手に包まれました。

     

     

     小池氏は「戦争をなくすのが政治家の究極的な使命」とするあだち候補の勝利を訴え。トランプ米大統領が日米安保条約を「不公平」というが、大分でもオスプレイが勝手気ままに飛び回るなど、米軍の横暴を許し日本にとってこそ不公平なのが日米安保条約だと批判しました。

     

    ■福岡・博多駅前

     

     

     福岡で、かわの祥子選挙区(改選3)候補が「暮らしの不安に応える党提案の実現を」と訴え、牧師の木村公一氏が激励しました。

     

     

     小池氏は、「減らない年金」の財源を示し、この中で「200兆円もの年金積立金を、株式投資でなく、年金給付にあてさせよう。毎年2兆円取り崩しても100年分ある。これこそ『100年安心』ではないか」と指摘。消費税増税も「増税前から『増税分を戻す』ことを考えるなら中止すべき」ときっぱり。また、航空自衛隊築城(ついき)基地などの米軍出撃拠点化が狙われ、「沖縄のたたかいと連帯し、基地強化反対の一点で力を合わせよう」と訴えました。

     

    ■熊本・パルコ前

     

     

     1人区・熊本で、あべ広美野党統一候補(無所属)の代理で、「熊本から民主主義を!県民の会(くまみん)」事務局長の鎌田聡県議が「年金減らさせない、消費税増税とんでもない、憲法を変えさせないとの思いを結集しよう」と強調しました。

     

     

     小池氏は、あべ候補が日弁連委員として貧困問題、人権擁護に取り組んできたと紹介。9条改憲の狙いを告発し、中東・ホルムズ海峡への有志連合に日本が参加を迫られる危険を挙げ、「今こそ9条を生かした平和外交が必要。9条守れの願いを、党派を超え野党統一候補と、比例は共産党に。比例で共産党を伸ばし、仁比さんの宝の議席を守り抜いてください」と呼びかけました。

     

     また、ハンセン病元患者家族への賠償を国に命じた熊本地裁判決に関し、政府が同日発表した「政府声明」は判決を否定するものだと批判し、全面的な謝罪と補償が図られるよう共産党も全力を尽くすと表明しました。(しんぶん赤旗 2019年7月13日)


    2019.07.12 Friday

    共産党比例躍進必ず 仁比比例候補訴えに声援 狎議召弊党で良い瓠(_

    0

       

       日本共産党の仁比そうへい参院比例候補は7月12日朝、福岡市のJR博多駅博多口で宜伝し、参院選勝利に向けた支援を訴えました。

       

       仁比候補は、選挙戦を通じ、暮らし、平和の問題で希望や展望を語ることができない安倍自公政権の姿があらわになったと指摘。「日本中で支持を広げて日本共産党を比例で7人に躍進させ、3期目の国会でみなさんの代弁者として働かせてほしい」と呼びかけました。

       

       高校生が手を振り「言っていることがカッコいい」。足を止めた女性は「頑張って」と声援を送りました。

       

       地域九条の会で活動する派遣社員の男性(50)が通りがかり。「仁比さんが国会からいなくなると困る。共闘は共産党がいなかったら成り立たない」と話し、仁比候補と固く握手。法定ビラを受け取った会社員の男性(56)は、「共産党は正直で良い。健全な野党に増えてほしい」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年7月13日)

       


      仁比比例候補訴えに声援 犖従貘莪貶の議席瓠々島

       

       

       日本共産党の仁比そうへい参院比例候補は7月11日に広島市内で開かれた個人演説会で、大激戦となっている比例での7議席、広島選挙区での高見あつみ候補の勝利を訴えました。

       

       県後援会会長が「残る10日間、全力を尽くそう」と訴え、参加者と意思統一しました。

      沖縄での街頭演説を終え、かりゆし姿で駆けつけた仁比氏はこのままでは自身の議席は危ういとのべた上で、「絶対にあきらめない。最後まで一票一票を実らせ、希望の政治を切り開く」。

       

       高見氏は「広島選挙区で党の議席を勝ち取るため全力で頑張る」と力を込めました。

       

       元マツダ労働者の男性はマツダの派遣切りに仁比氏とともにたたかったと発言。「派遣社員の首切りの違法性を国会で明らかにするとともに、マツダ本社にも数回乗り込んで改めさせることができた」と紹介し、「現場第一主義の仁比さんは宝の議席です」と訴えました。(しんぶん赤旗 2019年7月13日)


      2019.07.12 Friday

      この議席必ず 仁比候補の6年 安倍首相と直接対決24回

      0

         参院選で3期目をめざす日本共産党の仁比そうへい比例候補は、任期中のこの6年間で260回に及ぶ国会質問に立ち、政治を大きく動かしてきました。中でも安倍晋三首相との直接対決は24回。安保法制=戦争法、秘密保護法など安倍政権の戦争する国づくりに真っ向から立ち向かい、弁護士として憲法破壊を徹底して告発するかけがえのない役割を果たしてきました。

         

         戦争法案の廃案と安倍政権の退陣を迫る国会大行動(2015年8月末)に12万人が結集し、同法案をめぐる国会の攻防がヤマ場を迎えていた同年9月2日。仁比氏が参院安保法制特別委員会で暴露した内部文書に衝撃が走りました。

         

         内容は、自衛隊の河野克俊統合幕僚長(当時)が前年12月に訪米した際、米軍の最高幹部らとの会談記録。15年夏までに集団的自衛権行使を可能にする法律(戦争法)ができるだろうとし、垂扁離着陸機オスプレイの強行配備についても、不安をあおるのは「一部の活動家だけ」と持諭をのべるなど、河野幕僚長の驚くべき発言が記されていたのです。

         

         自衛隊トップが国会や国民を無視し、法案作成の与党協議さえしていない段階で戦争法の成立を対米公約していたーー。メディアも、軍の政治介入を抑止する文民統制の逸脱だとして大きく取り上げ、注目。対米従属の極みである戦争法の本質がいっそう鮮明になりました。

         

         仁比氏は、9月11日の同特別委で、佐賀空港への自衛隊オスプレイ配備に対する地元の強い反対の民意が広がっていることにふれ、「一部の活動家などと呼ばわる統幕長の発言は言語道断」と追及。安倍首相は「現時点で地元の了解は得られていない」と答えざるをえませんでした。(しんんぶん赤旗 2019年7月12日)


        << | 3/894PAGES | >>