CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.12.01 Saturday

市民連合集会に200人 本気の共闘「福岡から」/仁比議員ら4野党参加 「安倍強権を打ち破ろう」

0

     

     市民連合ふくおかは12月1日、福岡市で市民と政党の対話集会を200人の参加で開きました。日本共産党の仁比そうへい参院議員をはじめ野党の国会議員5人が登壇しました。

     

     青柳行信代表は「野党の国会議員と私たち市民が一致団結して統一戦線を組むこと以外には安倍政権の独裁政治を打ち破ることはできない。福岡から政治の流れを変えよう」と呼びかけました。

     

     

     仁比氏は、沖縄県知事選勝利とその一方での辺野古新基地建設強行などにふれながら、安倍政権の強権は民意に追い詰められている証拠だと強調。考えの違う野党の国会議員がそろって登壇していることの意義などをのべ、「安倍政治に立ち向かう本気の共闘を実らせることが真剣に問われている。集会を通じて発展させていただきたい」と語りました。

     

     

     立憲民主党の山内康一衆院議員、野田国義参院議員、国民民主党の稲富修二衆院議員、社民党の吉川元衆院議員が沖縄県知事選での連帯や選挙での政治の転換を語りました。会場の拍手に登壇した国会議員らが手をあげてこたえました。

     

     SNSで集会を知って参加した女性(45)は「安倍首相がテレビに映るたび毎日腹を立てています。今日の延長で野党が福岡・九州で結束して盛り上がってくれるとうれしい」
    と語りました。(しんぶん赤旗 2018年12月4日)


    2018.06.19 Tuesday

    選択的夫婦別姓 参院野党が法案提出

    0

       日本共産党、立憲民主党、希望の会(自由・社民)、沖縄の風の4野党・会派は6月19日、選択的夫婦別姓を実現する民法改正案を参院に共同提出しました。日本共産党の仁比聡平議員が法案提出者に、田村智子、吉良よし子両議員が賛成者に名を連ねました。法案は、個人の尊重と男女の対等な関係の構築などの観点から、婚姻時に夫婦同姓か別姓かを選択できるとするもの。別姓の場合、子どもの姓は出生時に夫婦で決めます。

       

       仁比氏は「選択的夫婦別姓は、憲法14条、24条を実現するもの。1996年の法制審答申のうち自民党の逆流でこれだけが実現していない。いまや、法律婚で同姓を強制するのはわが国だけだ。多様な生き方、信条を排除してはならない。野党共同提案は国民とともに実現を迫る旗を掲げるもので意義深い」と述べました。

       

       吉良氏は「別姓でも法律婚と認めて」という声は世論調査では多数派で、自分の友人にも多いと述べ、「世論に基づいた法案を提出できた。成立に向けて力を尽くしたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年6月20日)


      << | 2/2PAGES |