CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2010.06.24 Thursday

参院選勝利へご一緒に

0
     いよいよ始まりました。私は武者震いを抑え切れません。 6年前、皆さんと力いっぱいたたかい抜いてお預かりした「宝の議席」の1分1秒、すべてを輝か せて、新しい政治をつくるために、死に物狂いで走り続けてきました。自分で言うのもなんですが、1期目の6年、私も随分たくましくなったのではないでしょ うか。国会質問は202回に上ります。その一つ一つに、くらしの現場の痛切な声がぎっしり詰まっています。この激動をどうしても前に進めるために、私はこ の議席を絶対、失うわけにはまいりません。

     消費税の増税に断固反対します。食うや食わずの国民には増税、それを大企業減税の穴埋めにす る。こんな不公平はありません。普天間基地のフェンス越しにある普天間第二小学校で、子どもたちの避難訓練は、運動場に米軍機が墜落することを想定して行 われています。耐え難い苦しみは、たらい回しではなく、基地は無条件に撤去すべきです。アメリカにも大企業にも堂々とものがいえる日本共産党を、どうか大 きく伸ばしてください。厳しい選挙ですが、私は、皆さんの要求を体中に受けとめて、中国・四国・九州そして沖縄を、投票箱の閉まるまで全力で走り抜き、必 ず国会に戻ります。

     政治を動かすのは国民の力です。ご一緒に、いのちと権利をまもり、憲法が輝く政治をつくりましょう。

      どうぞ私を、もう一度、あの国会の質問席に立たせてください。あなたのお力をお貸しください。心から、心から訴えます。

     ご一緒に、力を 合わせましょう。

    2010年6月24日
    日本共産党・参議院比 例代表候補 仁比そうへい

    (しんぶん赤旗 西日本のペー ジ 2010年6月24日)


    2010.06.16 Wednesday

    西日本十七県のみなさんへ

    0
       いま午後3時半です。

       菅内閣不信任案を採決した衆議院本会議は先ほど休憩に入りましたが、参議院本会議をどうするのかが未だに決まりません。

       全く反省も自覚もない民主党は、参議院での総理問責決議案などの取り下げと、障害者「自立支援」法延命法案などの採決に野党が応じない限り、参議院本会議を開かないといいだし、言語道断の暴挙でひたすら国会から逃げようとしています。

       現在、野党国対委員長会談が開かれ協議中ですが、政権が代わったのに、民主党が自ら提案した衆参各一日の予算委員会すら開かないことも、会期末に閉会中の災害対応などの手続さえとらないことも、前代未聞です。このままでは、みなさんから届けられている請願署名も、参議院では一切採択されないことになります。

       断じて許されないではありませんか。

       わずか一日ずつでも、衆・参代表質問に立った志位・市田質問によって、菅政権が反省どころか、沖縄への基地押しつけと本土分散移転、消費税増税と法人税引き下げなど、アメリカと大企業にいっそう追従する姿が浮き彫りになりました。小沢・鳩山献金問題はもちろん、荒井大臣の事務所費疑惑も泥沼の様相です。

       みなさん。日本共産党の躍進で、こんな政治をきっぱり変えようではありませんか。アメリカと財界への忠誠と追随に踏み込んだ菅政権に立ち向かい、国民の力で政治を前へ動かそうではありませんか。

       午後4時15分になりました。民主党は、一方的に参議院本会議を取りやめ、前代未聞の「流れ解散」です。私は最後ギリギリの飛行機に間に合わず、予定していた地元日程に戻れなくなってしまいました。頭にくるじゃありませんか。

       民主党がいくらうまく逃げたつもりでも、国民のみなさんは、早晩その本性を見抜くでしょう。お預かりした6年間の最後をこうした展開のもと二期目に挑戦するというところに、激動の時代を感じます。自民党政治に代わる新しい政治をつくる国民的激動を、どうしても前へ進めるために、私はこの議席を絶対失うわけにはいきません。

       私は絶対にこの国会に戻ってきます。私たちの力で嵐を呼ぼうではありませんか。どうぞみなさん、力を貸して下さい。私をもう一度国会の質問席に立たせて下さい。みなさんに心から、心から訴えます。  

      2010年6月16日 
      参議院議員  仁比聡平

      2009.03.07 Saturday

      サラ金被害なくそう 改正貸金業法 完全施行求め行動 東京

      0

         高金利被害の温床、グレーゾーン金利撤廃を決めた改正貸金業法の完全施行を求めて七日、東京都内で集会が開かれ、市民、サラ金被害者、被害者支援団体、弁護士や司法書士の団体から三百人を超える人が参加しました。参加者は集会後、デモ行進しました。
         改正貸金業法は二〇〇六年十二月に成立、金利規制強化を三年後をめどに行うこと、貸金業への参入規制と過剰貸付規制を強化することを決定。今年はその完全施行の年です。
         集会ではサラ金被害者が、自宅が担保にされていることに気づかないまま保証人になり、競売におびえながら生活しているなどの実態を報告。また、SFCG(旧商工ファンド)からの借金で夫が自殺した女性が、後で調べたら六百五十万円の過払い金があり夫を亡くさなくてもすんだのではと、無念の思いを書いた文章が紹介されました。
         主催団体の高金利引き下げ全国連絡会代表幹事の宇都宮健児弁護士が情勢報告。ヤミ金撲滅の運動を、生活困窮者へのセーフティーネットの充実や貧困克服の取り組みといっしょに進めることが大切だと訴えました。
         新里宏二弁護士が、「私たちの運動が正義のたたかいであることに確信を持ち、貸金業界の巻き返しを許さず、運動を広げよう」と決意表明。同法の早期完全施行を求める決議を採択しました。
         鳥畑与一静岡大教授が「略奪的金融の暴走」と題して講演しました。(2009年3月8日(日)「しんぶん赤旗」)

        <改正貸金業法完全施工を求める集会へのメッセージ>
         改正貸金業法の完全施行を求める今日の集会の大成功を願ってメッセージを送ります。
         多重債務問題は被害です。グレーゾーン廃止は、この深刻かつ膨大な被害を被害者自らの声で訴え、高金利と過剰貸付、暴力的取立てなど無法な加害を徹底して告発してきた、皆さんの命がけの闘いで勝ち取ったものです。
         あのときも起こった日米金融業界の逆流を押し返したのも、被害と巨悪を許さない皆さんの闘いでした。皆さんの力が、今「反貧困」ネットワークの大きな力となって広がり、弱い者いじめの規制緩和と構造改革政治から抜け出す道を示しておられることに心から敬意を表します。
         完全施行は余りにも当然のことです。今日の集会の大成功で、懲りないK・Y貸金業界を跳ね返そうじゃありませんか。もちろん私も、ご一緒に頑張ります。
                   日本共産党参議院議員・弁護士 仁比聡平


        << | 2/3PAGES | >>