CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.06.30 Sunday

減らない年金政治の力で 暮らし支える社会保障 仁比・かわの候補が訴え 北九州

0

     

     参院選公示(4日)前の最後日曜日の6月30日、日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補と、かわの祥子福岡選挙区予定候補は、北九州市内で街頭宣伝をし、日本共産党の躍進に力を貸してください」と訴えました。

     

     仁比氏は、老後2000万円が必要として資産形成を促す金融庁の報告書にふれ、「なけなしの貯金さえ投資させるのがアベノミクスの正体」と批判。マクロ経済スライドの廃止などを訴え、「減らない年金、暮らしを支える社会保障を実現する。比例7議席を勝ち取らせてほしい」と語りました。

     

     かわの予定候補は、月3万円余の年金から介護保険料月額3000円が引かれるというお年寄りの話や、年金をもらえるか分からないと言う若い世代の不安を語り、「定数3を勝ち抜き、県民の不安を政治の力で解消したい」と決意を述べました。

     

     JR門司駅前、小倉駅前、小倉南区のスーパー前にはそれぞれ党員、後援会員らが集まり、プラカードやのぼり旗を掲げて演説を盛り上げました。

     

     演説を聞いた女性(62)は、「安倍政権を辞めさせないと私たちは生活していけなくなる」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年7月2日)


    2019.06.30 Sunday

    「比例は共産党」各地で訴え 福岡で仁比・かわの氏 生活寄り添う政治に

    0

       

       日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補は6月30日、福岡県内を駆け巡り「参院選で安倍政治を倒して希望を切り開く、その先頭に立って全力を尽くします」と訴えました。

       

       福岡市では女性の集いに参加。40人を超える参加者から次々と、保育所の民営化や消費税増税、年金の引き下げなどについて意見が寄せられました。仁比氏は「大企業、富裕層の代弁者の政治を、国民の生活に寄り添う民主主義の政治に変えよう」と呼びかけました。

       

       2歳の子どもを育てている女性(38)は「F351機で4000人分の保育所ができると聞き、驚きました。身近な人たちに保育の話をきっかけにして消費税や財源の話を広げていきたい」と語りました。

       

       宗像(むなかた)市では、地域の市民連合と九条の会が主催した集会に出席しました。各野党の地域の代表があいさつし、仁比氏は市民と野党の本気の共闘を訴えて、「企業ぐるみの自民党の選挙を上回る、99%の市民の一票一票の力を福岡から示そう。皆さんとともに大志を抱き全力でがんばり抜く」と決意を語りました。

       

       北九州市では、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補とともに、JR門司駅前と小倉駅前で街頭宣伝をしました。(しんぶん赤旗 2019年7月1日)


      2019.06.26 Wednesday

      安倍政治終わりに 仁比・かわの氏が宣伝 福岡

      0

        動画はコチラ

         

         国会閉会を迎えた6月26日、日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補は、福岡市のJR博多駅前で街頭宣伝をしました。「いよいよ来週は参院選。行き詰まる安倍政治を終わらせ、暮らしに希望の持てる政治を一緒に切り開こう」と、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補や党員、後援会員、市民連合ふくおかのメンバーらとともに呼びかけました。

         

         仁比氏は、自公政権のもとで進む年金制度の破たんや1機116億円の戦闘機F35の147機購入を批判し「予算委員会から逃げ回る安倍首相に日本の政治を任せることはできない」と強調。「暮らしに希望を 三つの提案」と消費税に頼らない財源、市民連合と野党の共通政策を紹介、「民主主義の一票一票の力を大きく一つに集めよう。全国比例7議席を勝ち取らせてほしい」と訴えました。

         

         かわの予定候補は、県内で非正規雇用が4割を超えるなかでの生活苦などを紹介。派遣法改正や最低賃金全国一律の1000円への引き上げを訴え、「未来に希望が持てる政治をつくるため全力をあげる」と決意を語りました。

         

        田村議員も訴え

         

         田村貴昭衆院議員は同日、北九州市のJR小倉駅前で街頭宜伝をし、消費税10%増税や複数税率、ポイント還元を批判。「消費税増税はキッパリ中止。この声を参院選で示しましょう」と訴えました。(しんぶん赤旗 2019年6月28日)

         


        << | 2/12PAGES | >>