CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.05.01 Wednesday

「働かせ方大改悪」阻止へ 各地でメーデー

0

    「安倍9条改憲NO!」「消費税10%増税を中止せよ」「『働かせ方大改悪』阻止」などのスローガンを掲げて5月1日、各地でメーデーが取り組まれました。

     

    政治を変える運動を 仁比氏あいさつ 北九州市

     

     第90回北九州統一メーデーが北九州市で開かれ65団体935人が集まりました。日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補があいさつしました。

     

     永冨雅生実行委員長(北九州地区労連議長)は、「このメーデーを契機に政治を大きく変える運動の先頭に立つ」と決意を語りました。

     

    (挨拶動画はコチラ)

     

     仁比氏は、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補、高瀬菜穂子県議、県議選をたたかった山口律子、大石正信両氏、党市議団とともに登壇。格差を広げてきた安倍政治を批判し、最低賃金引き上げと社会保障の充実で8時間働けば人間らしく暮らせる社会を実現するため職場から声をあげようと呼びかけ。「暴走する安倍政権を倒すため一層の団結を固めあおう。運動の先頭に立ち必ず三たび勝ち上がります」と語りました。

     

     

     参加した女性(34)は「夫は看護師で戦争法の下で戦争が始まれば協力させられるのではと心配。憲法が変えられてしまわないよう仁比さんにがんばってほしい」と語りました。(しんぶん赤旗 2019年5月2日)


    2019.03.10 Sunday

    原発さよなら 廃炉へ舵を 西日本から被災地連帯 福岡

    0

       北九州市で3月10日、「さよなら原発!3・10北九州集会」(主催・同実行委員会)が開かれ、雨の中600人が参加しました。

       

       

       脱原発ネットワークの深江守・九州代表は「世界は明らかに、脱原発にかじを切っている」と、原発のない未来は遠くないと強調。「原発なくそう!九州玄海訴訟」弁護団や労働組合、生協などの代表がスピーチし、関門港湾労働組合協議会の代表は「いまだに故郷に帰れない人がいる中、安倍政権はただ原発再稼働を進めている」と批判。原発問題を発信するお笑い芸人「おしどりマコ・ケン」がトークを披露しました。

       

       

       日本共産党の仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員、たかせ菜穂子、山囗りつ子両福岡県議、大石正信、いとう淳一県議予定候補、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補らが「原発はいらない」の横断幕を手に参加。しのだ清県知事予定候補も参加しました。(しんぶん赤旗 2019年3月13日)


      2019.01.19 Saturday

      安倍暴走政治 憲法改悪阻止しよう 通常国会むけ400人集会 鹿児島 

      0

         

         市民団体「憲法壊すな・戦争法廃止!かごしまの会」は1月19日、今月28日から開会される通常国会を前に、安倍改憲案の提示を阻止しようと、県民集会を開きました。

         

         鹿児島市の鹿児島中央駅東口広場に400人が集まり、「憲法壊すな」「安倍やめろ」のメッセージカードを掲げました。

        飯田泰雄共同代表は「3000万人署名を達成し、市民と立憲野党の共闘で、安倍政権を倒して9条改憲を葬り去ろう」と呼びかけました。

         

         日本共産党の仁比聡平参院議員、立憲民主党の枝野幸男代表、川内博史衆院議員も駆けつけました。

         

        (動画はコチラ)

         仁比氏は「鹿児島で市民と野党の本気の共闘を何としても実らせて、安倍政治を終わらせよう」と訴えました。

         

         枝野氏は「憲法改悪に従う議員の構成を阻止するために、鹿児島を含めた1人区で『安倍やめろ』という勢力が1人区に集中できる選挙の構図を必ずつくろう」と訴えました。

         

         社民党県連合の北森孝男代表も連帯あいさつし、国民民主党県連の藤田太一代表が連帯のメッセージを寄せました。

         

         市外から参加した女性(63)は「安倍政権を倒すには野党が力を合わせるしかないと再確認した。野党統一候補が実現するよう、いろんな人と語っていきたい」と語りました。

         

         集会後、参加者は繁華街約2キロをパレードし、「憲法審査会の強行開催は許さないぞ」「馬毛島を軍事利用するな」とシュプレヒコールを上げました。(しんぶん赤旗 2019年1月20日)


        << | 2/7PAGES | >>