CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.05.18 Saturday

広島県で比例20万票 県後援会総会 仁比議員ら決意

0

     

    国会論戦を紹介


     日本共産党広島県後援会は5月18日、広島市内で2019年度総会を開きました。仁比そうへい参院議員・比例予定候補と高見あつみ参院選挙区予定候補が決意を表明。約80人の参加者で「比例を軸に、参院選勝利・躍進に全力を尽くし広島県では20万票・15%以上の得票をめざそう」と意思統一しました。

     

     仁比氏は、講演で6年間の国会質問で安倍首相と直接対決した論戦が24回、関係大臣とは230回近く論戦してきたと紹介。「みなさんと一緒に草の根からの大きな運動を発展させながらその要求、その怒りを代弁して国会で直接論戦する。これは共産党の国会議員にしかできない」と力説。その上で昨年の西日本豪雨で敷地内の土砂撤去の公費負担などを実現させるために尽力した党の実績を紹介し、「党員、後援会員、地方議員のみなさんと心一つにして参院選を勝ち抜く候補者として全力を尽くす。国会へ仁比そうへいを送り出してください」との訴えに参加者は拍手で応じました。

     

     高見氏は「政治は変えられるとの希望を届ける訴えが大事だ。日本の命運を分ける歴史的なたたかいで、広島選挙区から初の共産党議席を勝ち取るため担い手を広げに広げてほしい」と訴えました。

     

     大平よしのぶ衆院中国比例予定候補がメッセージを寄せました。

     

     参加した60代の女性は「広島の声を代弁する仁比さんの議席は絶対必要だと改めてわかった」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年5月20日)


    2019.05.11 Saturday

    米軍横暴正す力 訓練やめよ 山口・岩国つどい

    0

       

       日本共産党の仁比そうへい参院議員・比例予定候補は5月11日、山口県岩国市で米軍岩国基地強化に反対する「愛宕山見守りの集い」に参加しました。米軍の横暴勝手を許すなと国会で追及し、参院選を勝ち抜く決意を訴えました。

       

       同基地に移駐した空母艦載機は硫黄島(東京都)での地上模擬着艦訓練(FCLP)に関連し、事実上のFCLPとみられる訓練を行い、騒音や苦情が増えています。

       

       仁比氏はFCLPについて「住民の生活の根幹が覆されてしまう訓練だ」として米軍に抗議をしない防衛省を批判し、「市民の苦しみとかけ離れた日本政府の姿勢をたださなければならない」と強調。「平穏な岩国を求める運動を今こそ広げよう」と呼びかけました。

       

       また、県議選での支援に感謝をのべ、「参院選での党躍進、市民と野党の本気の共闘で新しい政治を切り開くため全力を尽くす」と力を込めました。

       

       愛宕山を守る会の世話人代表は仁比氏を紹介し、「国会で舌鋒(ぜっぽう)鋭く国に対する国民の不満をぶつけて真実を追求する仁比さんの姿勢に頭の下がる思いです。われわれの思いを代弁してくれている」とのべました。(しんぶん赤旗 2019年5月14日)


      2019.02.24 Sunday

      県議4へ藤本予定候補を 山口・宇部でつどい 仁比参院議員が訴え

      0

         

         日本共産党の仁比そうへい参院議員は2月24日、4月の山口県議選で2増の4議席をめざす藤本かずのり予定候補(宇部市区、定数5)の必勝めざし同市吉部で開かれた「春を呼ぶくすのきの集い」で訴えました。「安倍政権を終わらせる大勝負の統一地方選、参院選に勝利し、暮らしと命を本当に大切にする政治ののろしをあげよう」と呼びかけました。

         

         仁比氏は「消費税10%への増税は暮らしと経済をどん底に突き落とす。社会保障をお荷物のようにゆがめる政治は大間違いで、充実させれば地域経済に好循環をつくる力にもなる」と強調。安倍農政は農山村をいっそう疲弊させると指摘し、「所得と価格保障で、食べていける農業、後継者が暮らしていけるふるさとにしよう」と呼びかけました。

         

         

         藤本氏は、世界的な脱炭素の流れに逆行する同市への石炭火力発電所建設計画を批判。「不要不急の事業はやめ、暮らしと福祉最優先の県政の実現に直ちに取り組みたい」と力を込めました。

         

         4月の市議選で現有4議席確保をめざす時田ようすけ、藤井たけしの両市議が参加しました。(しんぶん赤旗 2019年2月26日)

         


        << | 2/28PAGES | >>