CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.11.03 Saturday

県市議候補勝利必ず 仁比・田村氏ら訴え 北九州

0

     

     来年の福岡県議選、北九州市議補選(1月27日投票)をたたかう日本共産党の大石正信県議予定候補、うど浩一郎市議予定候補の事務所びらきが11月3日、北九州市小倉北区で行われ、仁比聡平参院議員、田村貴昭衆院議員らが駆け付けました。

     

     田村議員は、九州北部豪雨などで党の国会議員、地方議員が果たした役割を紹介し、「大石さん、うどさんが勝利すれば、県政も市政も住民本位にかわります」と強調。改憲や消費税増税を狙う安倍政権を退場させるため、野党共闘の要になっている日本共産党の躍進をと訴えました。

     

     大石県議予定候補は「12年間空白の小倉北区の党県議の議席を何としても勝ち取り、北九州市の800カ所の急傾斜地対策を改善し、子ども医療費無料を中学3年まで拡充します」と決意を表明。うど市議予定候補は「零細企業、家族経営のみなさんが家族を守り暮らしていける政治、若い人たちが派遣でなく正社員で8時間働けばまともな生活ができる政治を」と訴えました。

     

     かわの祥子参院選挙区予定候補、高瀬菜穂子県議、石田康高市議団長、出口成信、高橋都市議が参加しました。(しんぶん赤旗 2018年11月7日)


    2018.11.01 Thursday

    和田候補勝利で新しい県政へ 愛媛県知事選が告示 仁比氏がスタート集会で訴え

    0

       日本共産党の仁比そうへい参院議員は愛媛県知事濯が告示(18日投票)された11月1日、松山市で開かれた「明るい愛媛をつくるみんなの会」の和田つかさ候補のスタート集会に駆けつけ、「和田候補の勝利で、県民の声が届く新しい県政をつくろう」と訴えました。

       

       仁比氏は、安倍政権が「辺野古に基地はつくらせない」との民意を踏みにじり、沖縄県県による埋め立て承認撤回の執行を停止したことを批判。「こんなやり方が安倍政権崩壊の引き金を引いた、そんな審判を和田さんの勝利で突き付けていこう」と呼びかけました。

       

       また7月の豪雨災害で大型開発中心の政治の在り方が問われていると指摘。「山鳥坂ダム建設に反対し、流域住民とともに河川の整備を訴えてきた和田候補だからこそ命と暮らしを守る県政を実現できる」と訴えました。

       

       和田候補は「県民の命と暮らしが危険にさらされている」と強調し、再稼働した伊方原発3号機を停止し、廃炉に向かわせることなどを訴えました。

       

       新社会党県本部の島本保徳書記長らが応援演説しました。(しんぶん赤旗 2018年11月2日)


      2018.10.31 Wednesday

      外国人労働者の権利守れ 国会でシンポ開く 会派・団体超え訴え

      0

         「守ろう!外国人労働者の命と権利」シンポジウムが10月31日、参院議員会館で行われ、外国人労働者受け入れ拡大法案の問題点を議論し、早期の強行成立を狙う安倍政権の態度を批判しました。連合、法曹団体、外国人支援団体などでつくる実行委員会が主催。野党各党はじめ自民党からも出席があり、250人が参加しました。

         

         移住者と連帯する全国ネットワークの鳥井一平代表理事は、現状の外国人技能実習制度には奴隷労働構造があると指摘。「新制度をつくっても構造は変わらない」と発言しました。

         

         中小製造業を中心とするJAMの小山正樹参与は、「外国人労働者の多くが零細企業で働く。発注元の責任を追及しないと、下請け底辺での違法行為はなくならない」と指摘しました。

         

         連合の村上陽子総合労働局長は、「外国人労働者受け入れ制度は、権利保護、共生など総合的かつ国民的な議論を行うべきだ」と述べました。

         

         日本労働弁護団の棗一郎幹事長は、「トータルで移民政策を確立しなければ大混乱になる。外国人労働者の権利が確立していない」と訴えました。

         

         議論をまとめた外国人技能実習生問題弁護士連絡会の指宿昭一弁護士は、「来年4月施行ありきで審議をすすめることはおかしい」と強調しました。

         

         日本共産党の藤野保史、本村伸子両衆院議員、仁比聡平参院議員、自民党、立憲民主党、国民民主党、社民党、無所属の国会議員合わせて28人が出席しました。(しんぶん赤旗 2018年11月1日)


        << | 2/824PAGES | >>