CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.03.18 Saturday

共謀罪は憲法侵害 仁比参院議員迎え学習会 北九州市

0

     

     北九州市の小倉南革新懇話会は3月18日、日本共産党の仁比聡平参院議員を講師に迎えて「共謀罪」法案についての学習会を同区で開きました。55人が参加しました。

     

     仁比氏は、「共謀罪」法案について、国会質問での追及も紹介し、「『目くばせ』しただけで共謀が成立し、憲法が保障する思想・良心の自由やプライバシーを侵害する、そうした監視社会になる『共謀罪』法案は葬り去らなければならない」と強調しました。

     

     参加者から「『共謀罪』法案は人を萎縮させるためのもので、戦前のようになっていくのではないか」などの質問・意見が出され、仁比氏が丁寧に答えました。

     

     有馬和子代表世話人(86)は「安倍内閣のもと、『共謀罪』法案を通したら、どんな世の中になるかということを肝に銘じ、今こそ広く世論に訴え、頑張っていきたい」と話しました。

     

     参加した女性は(68)は「講演を聞いたので、自分の言葉で爐かしいことはおかしい瓩噺世┐覲萋阿鬚靴討いたい」と語りました。(しんぶん赤旗 2017年3月21日)


    2017.03.17 Friday

    隠ぺい体質追及する 小池書記局長、仁比議員コメント

    0

       

       現職自衛官による国家賠償請求訴訟について、3月17日の記者会見で日本共産党の小池晃書記局長は「原告の訴えが事実だとすれば極めて重大だ。いま焦点となっている南スーダンのPKO(国連平和維持活動)部隊の『日報』をめぐる防衛省の組織ぐるみの隠蔽(いんペい)体質を裏付ける重大な事案ではないか。わが党の仁比聡平参院議員の国会質問(2015年9月2日)が契機となって起きた裁判でもあり、重大な関心を持っている」と表明しました。

      (動画はコチラ

       小池氏は、今後の国会質疑でもこの問題を追及する考えを示しました。

       

       会見で仁比議員は、「私の指摘に、当時、総理を含め、『同一の文書は存在しない』と答弁する一方で、訴状によれば存在する内部文書を質問の翌日に秘密指定し、しかも削除を指示した。それが統合幕僚監部によって行われたとすれば極めて重大な事態だ」と強調。政府、防衛省の真撃(しんし)な対応を要求しました。(しんぶん赤旗 2017年3月18日)


      2017.03.15 Wednesday

      諫早「問答集」に抗議 農水省「不存在」言えず 漁業者ら集会

      0

         

         国営諫早干拓事業の潮受け堤防の開門を命じた福岡高裁の確定判決にもかかわらず農水省が、開門をしない前提で「100億円基金」創設の提案に同意するよう地元漁業者を説得する「想定問答集」を作成し漁業団体幹部に示していた問題で、漁業者と支援者、弁護団による集会と対政府交渉が3月15日、国会内で行われました。

         

         農水省側は、情報公開法の限定条項を盾に「想定問答集」の「不開示」を決定していますが、交渉では問答集を暴露した「朝日」に“誤報”だとの抗議もしていないことを明らかにし、不存在も言明できませんでした。有明弁護団の堀良一弁護士は、「問答集の存在は明らかだ」と指摘。長崎地裁での和解協議の一方、水面下で地元漁業団体に圧力をかけ分断を図る同省を厳しく批判しました。

         

        他の出席者からも同省の不誠実な説明に「和解交渉でどうやって農水省を信頼したらいいのか」など厳しい声が相次ぎました。

         

         集会では、漁業者が漁獲量の大幅減少やノリの変色など深刻な被害を告発。日本共産党の赤嶺政賢、畠山和也、真島省三の各衆院議員と紙智子、仁比聡平両参院議員は、国会質疑での真相究明の努力について報告しました。

         

         仁比氏は「生産者は崖っぷちに立たされている。その怒りの声が民主主義のまともな力で発揮されていれば、有明海は死にひんしていなかった」と述べ、民主主義を無視し漁業者を支配しようとした同省を厳しく批判。紙氏は、参院農水委で問答集提出を求めたと紹介しました。

         

         田村貴昭衆院議員は、畠山、真島両氏とともに弁護団との懇談に参加。民進党の大串博志政調会長も集会と交渉に出席し発言しました。(しんぶん赤旗 2017年3月16日)


        << | 2/702PAGES | >>