CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.11.12 Sunday

憲法守り希望開く 仁比議員迎え演説会 山口・柳井

0

     日本共産党の山口県東部地区委員会は11月12日、仁比聡平参院議員を迎え、柳井市で演説会を開きました。

     

     仁比氏は「安倍政権の強権と独裁の道を許さず民主主義と憲法を守り、本当の希望を開く歴史的な時だ」と述べ、26日告示の同市議選で現有1議席確保をめざす新人の岩田ゆうじ候補の必勝で「命と暮らしの命綱の議席を守り抜き、『暴走政治は許さない』の声を示そう」と訴えました。

     

     総選挙結果について「自公で3分の2の議席は『虚構の多数』であり、国民は安倍政権を信任などしていない」と指摘。「分断と逆流を乗り越えて安倍政権に真正面から立ち向かい、市民と野党の共闘の前進を求めた市民の声、日本共産党に寄せられた激励の声には、未来を切り開き安倍政権を打ち倒す力がある」と強調しました。

     

     岩田氏は、同市に近い上関町に計画される原発建設や憲法改悪、消費税10%増税などの阻止に向け、「住民が主人公の立場を貫く共産党の議席が必要だ」と訴えました。

     

     市内の男性(68)は「総選挙の結果に気持ちが沈んでいたが、2人の話を聞いて元気が出た」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年11月14日)


    2017.11.07 Tuesday

    LCAC 米に夜間訓練中止迫れ 党国会議員団など防衛省に要請

    0

       

       米海軍が九州防衛局を通じて長崎県西海市に対し、激しい騒音を出すエアクッション型揚陸艇(LCAC)の夜間航行訓練を7〜9日に実施すると通告した問題で、日本共産党の国会議員らが11月7日、国会内で防衛省に対し訓練の中止を求めるよう要請しました。赤嶺政賢、田村貴昭両衆院議員と仁比聡平参院議員、渕瀬栄子西海市議が参加しました。

       

       

       米海軍がLCACの駐機場を置く西海市は、LCACの夜間航行を認めない協定を防衛局と結んでいます。しかし、米海軍はこの協定を反故(ほご)にする形で訓練を行うと一方的に通告しました。渕瀬氏は、「今回の訓練を糸口に、『いつでもどこでも』やられることになりかねない」との不安が地元の関係者に広がっていると述べ「防衛省として中止を申し入れてほしい」と迫りました。

       

       防衛省側は「ぎりぎりまでの調整を行っていく」と述べるにとどまりました。

       

       仁比氏は、防衛局が「訓練実施はやむを得ない」と述べたとする一部報道に言及し「協定の立場で約束を守るのが防衛省ではないか。事実を確認して撤回させるべきだ」と追及。赤嶺氏は「市民生活の安全、安心を考慮した協定を米側も守る義務があると言うべきだ」と指摘し、田村氏とともに小野寺五典防衛相が直接米側に抗議して訓練の中止を求めるよう訴えました。(しんぶん赤旗 2017年11月8日)


      2017.11.06 Monday

      秘密法・「共謀罪」法廃止を 二つの実行委が国会前行動

      0

         安倍政権による「戦争する国」づくりに反対し、秘密保護法、「共謀罪」法などの廃止を求める行動が11月6日、衆院第2議員会館前で行われました。国会議員や弁護士らがマイクを握り、「市民監視を強化する法律を廃止させるまで運動を続けていこう」と訴え。約60人が参加し、「共謀罪は絶対廃止」などと声をあげました。

         

         この行動は、2013年12月6日に秘密保護法が強行採決された日を忘れないと、毎月6日を中心に取り組んでいます。今回は、「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」と「共謀罪NO!実行委員会」が共催して行いました。

         

         両実行委員会を代表して主催者あいさつした弁護士の海渡雄一さんは、第2次安倍政権が発足してから、戦争できる国づくりが進められていると指摘。今国会の目標として、「立憲野党と市民が共同して、共謀罪の廃止法案を提出させたい」と語りました。

         

         日本共産党の仁比聡平、社民党の福島瑞穂の両参院議員が参加しました。仁比氏は、戦争法、秘密法、「共謀罪」法について「断固廃止の旗を掲げる。安倍政権が狙う9条改憲の発議を阻止させるため全力をあげる」と表明。福島氏は、「戦争ができる国の総仕上げが9条改憲です」と訴え。両氏は、9条改憲に反対する「3000万署名」を広げて改憲を阻止しよう、と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2017年11月7日)


        << | 2/737PAGES | >>