CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2010.07.12 Monday

西日本17県のみなさんへ ご支援ありがとうございました これからもがんばります

0

     日本共産党へのあたたかいご支持をいただいたことに、お礼を申し上げます。


     選挙戦で寄せられた「暮らしを守れ」「平和を」という願いを代弁する議席を守り抜くことができず、心からお詫び申し上げます。


     国民生活は苦しくなる一方で、消費税増税でくらしを壊すやり方、大企業にもうけを独り占めにしてしまう政治は断じて許されません。命と権利を守る政治へ、日本共産党をもっとたくましく、もっと大きくするために、仁比そうへいはいっそう力をつくしたいと思います。


     西日本17県という広い地域で活動し、国政のあらゆる課題に臨んで全力でがんばり、いくつかの成果をあげてきましたが、地域での日常的な活動に欠けるところがなかったのか、私自身、そのことを改めて反省しています。


     原爆症、薬害肝炎に苦しむ患者さん、有明海異変に苦しむ漁民のみなさんなどの声を国会に直接届けることができなくなったことを本当に悔しく思います。


     しかし、議席は失っても、そうした国民の声と実相に民主党政権は直視せよと、訴え続けてゆきます。そして、要求実現のために全力をつくす決意です。みなさん、ご一緒に政治を動かしてゆきましょう。


     これからも元気に明るく全力でがんばり抜く決意を申し上げて、ごあいさつとします。

    7月12日午前8時 博多駅前での訴えから


    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2014/12/20 6:26 AM
    仁比さん、みなさん、お疲れさまでした。
    貴重な議席を失ったこと、ほんとうに残念です。
    より民主的な社会、平等な社会をめざす党ですが、
    その基盤となるべき党の力を築いてきたのか、
    将来の若い世代に党の影響を広める努力をしてきたのか、
    場当たり的な活動になっていなかったか、
    反省しきりです。
    選挙中に電話で話ができた方々(特に若中年の方々)を
    訪問し、日本共産党の姿を知ってもらいたいと思って、
    http://www.jcp.or.jp/down/bira/08/20080925_panf.pdf
    このパンフレットを印刷して渡しています。
    • クズラ
    • 2010/08/01 9:40 AM
    疲れは少しはとれましたか。
    6月29日朝、岡山駅近くで街宣終えたばかりの仁比さんをチラッと。そのあと、選挙カーが私が乗っていたバスの後ろに。「だいぶ疲れとんしゃあなあ」としばらくの間後部座席から顔をながめていました。
    うちでがたっと少なかったのは、6年前に比べると活動内容が量的にも質的にも落ちていたからだと思います。前の選挙で方針は出ていたのにそれを実行しなかったから当然と言えば当然ですが。選挙期間中、電柱に張りたくないばかりに、ポスター貼りに専念した気がします。ちょっとオーバーに言えば、山に駆け上り、田んぼに入り、藪をかきわけ、と(足が良くなるとすぐ、こういう行動に)。電話での対話は圧倒的に少なかったですね。そのかわり、人と会えば、「日本共産党」と。この会う機会も少なかったですが。反省・反省の選挙でした。
    コメントする