CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2010.05.20 Thursday

防疫・補償 国の責任で 口蹄疫被害 共産党が農水省に要請

0
    農水省の佐々木隆博政務官に口蹄疫問題で申し入れをする(左から)仁比、紙両参院議員と赤嶺衆院議員=2010.05.20、農水省

     家畜伝染病の口蹄疫(こうていえき)が宮崎県の畜産農家に深刻な被害を広げている問題で、日本共産党の紙智子(党国会議員団口蹄疫問題対策委員会委員長)、仁比そうへい(同事務局長)両参院議員と赤嶺政賢衆院議員(同副委員長)は5月20日、農水省の佐々木隆博政務官に国の責任で防疫措置と被害補償に万全を期すよう申し入れました。(要請文はコチラ

    農水省の佐々木隆博政務官に口蹄疫問題で申し入れをする(左から)仁比、紙両参院議員と赤嶺衆院議員=2010.05.20、農水省

     感染拡大防止に国が全面的に責任を持ち、殺処分した家畜の埋却を土地の選定を含め国の責任で行い、使途を定めない交付金を関係市町村に交付することなどを要請。農家の被害補償については、殺処分した家畜の評価額は再生産可能な価格とし、評価額が確定するまでに仮払いすること、埋却までの間のエサ代の補償、新たに導入する家畜が販売できるまでの3年程度の所得の補助などを求めました。

     また、対策に必要な予算の確保、家畜伝染病予防法の枠内で解決できない農家の経営再建の問題等について、「口蹄疫問題特別措置法」(仮称)の検討を進めることを提案しました。

     佐々木政務官は「仮払いはさせていただく。経営再開資金を交付し、無収入期間にも対応したい」と答えました。

     紙氏らは、地元と生産者の声を正面から受け止め、国の対策チームが司令塔となって防疫と再建支援に全力を尽くすよう重ねて求めました。

    インタビューを受ける仁比議員

     党国会議員団の対策委員会は、4月28日にも現地調査をふまえて農水省に申し入れていました。(しんぶん赤旗 2010年5月21日)




    コメント
     埋却地問題で困難をきわめています。
    弟が予定していた兄の土地は「嗜好品」のお茶が近くにあることでクレームがつきお茶畑の地主が穴を掘っている畑に来て、ここはダメ、向こうに掘れと指図し、向こう側の畑を掘ったら水が出て掘れず、折角掘った穴を頭に来て弟はあきらめて「文句を言われてまで埋却はせん」と別の山を掘ることにして埋もどして二日かけて掘った穴は利用されませんでした。近くには民家はなく埋却地としては最適と言われながらトラブル発生で引き下がるのは口蹄疫発生農家です。行政に最優先されるのは一刻も早く埋却することではないのか。と聞いたら「行政は公平に対処した」との答えです。
    今掘っている山は木が植えてあり、何日かかるか見通しもなく豚はどんどん死んで口蹄疫のウイルス製造会社みたいと言っています。川南町はどうなるのか不安です。
    • 内藤いつ子
    • 2010/05/24 8:29 AM
    コメントする