CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2020.07.06 Monday

西日本豪雨2年 被災者や首長に話聞く 岡山の2市で大平・仁比氏が調査

0

     

     西日本豪雨から2年となる7月6日、日本共産党の大平よしのぶ衆院中国ブロック比例予定候補と仁比聡平前参院議員は岡山県倉敷市真備(まび)町と総社市の被災地を調査し、被災者や首長らに話を聞きました。

     

     小田川などの決壊で約5800世帯が全半壊、51人が亡くなった真備町。時折、強い雨が降る中、日本共産党の須増伸子県議、末田正彦、田辺昭夫、田辺牧美、田口明子、三宅誠志の各市議とともに市真備支所に建立された碑や複数の決壊箇所を訪れ、献花しました。熊本豪雨の被災地、人吉市に前日入った仁比氏が途中から合流しました。

     

     党と災害対策連絡会が運営する被災者支援センター「ガーベラハウス」主催の「メモリアルのつどい」では、熊本豪雨の犠牲者を悼み、全員で黙とうしました。共同代表の伊原潔さんは「みなさんと一緒にこの困難を乗り越え、希望に向けて思いを一つにしていきたい」とあいさつ。何度も同地に足を運んできた大平氏は「安心できる生活を一日でも早く取り戻せるよう頑張りたい」と述べました。

     

     自宅をリフォームして夫と戻ってきた女性(78)は「心に残る痛みがあるときに、すごく親切にしてもらいました」と支援センターの活動に感謝しました。

     

     総社市では、浸水とアルミニウム工場爆発事故の被害も受けた下原地区を訪れ、地元の小西利一市議(立憲民主党)の案内で事故現場や地域の自宅の再建状況などを調査。難波正吾市議が同行し、小西安彦自治会長らと懇談しました。

     

     総社市役所で片岡聡一市長と懇談しました。(しんぶん赤旗 2020年7月7日)


    コメント
    コメントする