CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.06.01 Saturday

水俣病解決へ力合わせ 市田・仁比氏らが未認定患者と懇談 熊本

0

     

     日本共産党の市田忠義副委員長、仁比そうへい参院比例予定候補は6月1日、熊本市での党演説会に参加した水俣病未認定患者団体「水俣病不知火患者会」、ノーモア・ミナマタ第2次訴訟原告団と懇談しました。

     

     同患者会の岩崎明男副会長は、市田、仁比両氏が繰り返し国会で水俣病問題を取り上げ、被害者の声を代弁していることに謝意を表した上で「第2次原告を勝利に導くようさらにお力添えを」とあいさつ。本田征雄原告副団長は、「国会で質問に答えない大臣たちの姿に、安倍政権はずいぶん国民をばかにしていると思います。国民を代表し、明るい社会を築いていただくよう応援します」と語りました。

     

     市田氏は、環境省がノーモア訴訟で被告の国に都合のよい証拠を引き出した日本神経学会の前代表理事は、国から約5億9千万円も研究費などを受けていた人物だったと指摘。「行政の公正・中立がゆがんでいるじゃないかと追及すると、環境省側は答えられませんでした。それほどみなさんの裁判闘争に向こうが追い詰められている。そこに確信を持ち、お互い頑張りましょう」と激励しました。

     

     仁比氏は「裁判を遅らせ、解決に背を向けている安倍政治を倒し、国の責任でみなさんの被害を全て救済する枠組みを絶対に勝ちとらないといけない。みなさんの要求実現のとりでになる議席を参院選で勝ち取るため力を貸してほしい」と支援を呼びかけました。

     

     高岡朱美、平岡朱両水俣市議、野中重男前市議が同席しました。(しんぶん赤旗 2019年6月4日)


    コメント
    コメントする