CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.11.06 Monday

秘密法・「共謀罪」法廃止を 二つの実行委が国会前行動

0

     安倍政権による「戦争する国」づくりに反対し、秘密保護法、「共謀罪」法などの廃止を求める行動が11月6日、衆院第2議員会館前で行われました。国会議員や弁護士らがマイクを握り、「市民監視を強化する法律を廃止させるまで運動を続けていこう」と訴え。約60人が参加し、「共謀罪は絶対廃止」などと声をあげました。

     

     この行動は、2013年12月6日に秘密保護法が強行採決された日を忘れないと、毎月6日を中心に取り組んでいます。今回は、「『秘密保護法』廃止へ!実行委員会」と「共謀罪NO!実行委員会」が共催して行いました。

     

     両実行委員会を代表して主催者あいさつした弁護士の海渡雄一さんは、第2次安倍政権が発足してから、戦争できる国づくりが進められていると指摘。今国会の目標として、「立憲野党と市民が共同して、共謀罪の廃止法案を提出させたい」と語りました。

     

     日本共産党の仁比聡平、社民党の福島瑞穂の両参院議員が参加しました。仁比氏は、戦争法、秘密法、「共謀罪」法について「断固廃止の旗を掲げる。安倍政権が狙う9条改憲の発議を阻止させるため全力をあげる」と表明。福島氏は、「戦争ができる国の総仕上げが9条改憲です」と訴え。両氏は、9条改憲に反対する「3000万署名」を広げて改憲を阻止しよう、と呼びかけました。(しんぶん赤旗 2017年11月7日)


    コメント
    コメントする