CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.12.25 Tuesday

野党合同ヒアリング 外国人労働者 辺野古新基地

0

     

    悪質ブローカー絶たず

     

     新たな在留資格「特定技能」による外国人労働者の受け入れ拡大に向け、政府が12月25日に基本方針と共生のための支援策を閣議決定したことを受け、同日、野党合同ヒアリングが行われました。野党議員は、改定入管法の審議で焦点になった悪質ブローカー排除や、住宅確保の支援策などに実効性がないと批判しました。

     

     悪質ブローカーの排除をめぐり、法務省は、日本政府と送り出し国政府の2国間取り決めを交わし、情報共有すると説明。日本共産党の仁比聡平参院議員は、2国間取り決めを結んでいる外国人技能実習制度でも、100万、200万円の不法な手数料を取られる例が後を絶たないと指摘。「技能実習制度で実態を正せていないのに、新制度でも同じ対応をするだけで実効性はない」と批判しました。

     

     立憲民主党の川内博史衆院議員も、「情報共有して(労働者からの搾取が)分かってもその後どうするのか。それで防げるのか」と疑問を呈しました。

     

     国民民主党の山井和則衆院議員は、基本方針等について「本来、改定入管法の審議で実効性を議論すべきだった。肝心の中身を審議のときに一切出さず、国会が閉まった後に提示するのは極めて問題だ」と強調。同党の原口一博国対委員長は「国会を形骸化する動きは決してあってはならない」と述べました。(しんぶん赤旗 2018年12月26日)


    2018.12.07 Friday

    最終盤 国会緊迫 勝手に決めるな 国会前

    0

       

       臨時国会で安倍政権が行っている、日程ありきの拙速な審議や強行採決に対する抗議が12月6日、国会正門前で行われました。「まともな国会運営を求める#1206国会前抗議」です。

       

       緊急の呼びかけにもかかわらず1000人(主催者発表)が参加。「勝手に決めるな」と怒りの声をあげました。

       

       抗議を呼びかけた諏訪原健さん(市民連合呼びかけ人)は「いまの国会はどうみてもおかしい。国会を軽視するということは、市民を軽視しているということです。声をあげないといけない」

       

       東京都東村山市から参加した坂本寛さん(40)は、「与党はまったく議論する気がない。ひどい政治です。なんでも強引に決められるいまの政治を変えたい」と話しました。

       

       日本共産党の仁比聡平参院議員と立憲民主党、社民党、沖縄の風の国会議員が参加しました。(しんぶん赤旗 2018年12月7日)


      2018.12.04 Tuesday

      入管法改定案 無理押し許さず 野党そろって会見

      0

         外国人労働者の受け入れを拡大する出入国管理法改定案を国会会期内(10日)に成立させる構えを強める与党側に対し、参院法務委員会の野党議員が12月4日、そろって記者会見を行いました。同日の委員会散会後、立憲民主党、国民民主党、日本共産党、日本維新の会、沖縄の風、無所属の国会議員が並んで会見しました。

         

         日本共産党の仁比聡平議員は「こんなやり方でこんな法案を押し通すことは許されないと一致して、われわれは徹底審議を求めている」と発言。法務省が2014年から調査してきた失踪技能実習生の聴取票を法務委員会に提出すること、新たな在留資格で受け入れを見込む14業種を所管する厚労、経産、国交、農水、文科など各委員会で野党が強く求めている連合審査の実現は審議の土台だと指摘しました。

         

         立憲民主党・有田芳生議員は「10日で(国会の)閉会日だから、終わりというのはとんでもない」「国会で議論するとともに、国民的に考えていかなければいけない」と強調。国民民主党・桜井充議員は、重要広範議案と位置付け「十分審議をしなければならない」と話しました。

         

         沖縄の風・糸数慶子議員は「衆院のような強行採決は阻止したい」と述べ、無所属の山口和之議員は「十分な審議、国民の意見をもっと聞く機会が必要だ」と語りました。

         

         法案修正で与党と合意した日本維新の会・石井苗子議員は「非常に急いで法案を通そうとしているので、国民の理解が得られないのではないか」と発言しました。(しんぶん赤旗 2018年12月5日)


        | 1/2PAGES | >>