CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.12.27 Wednesday

2019参院選 比例7氏全員勝利を 志位委員長が発表

0

     

     日本共産党の志位和夫委員長は12月27日、党本部で記者会見し、2019年参院選の比例代表予定候補(第1次)7氏を発表しました。

     

     志位氏は、第3回中央委員会総会で「850万票、15%」という得票目標を決めたことに言及。「この間の選挙の結果に照らすと、850万票で必ず獲得できる議席数は7となります。議席目標は7としました」と説明しました。

     

     各予定候補を紹介した志位氏は、「人格、識見、論戦力、どれも抜群、“ベスト7”の候補者です。7人全員当選のために全力をあげたい」と決意を表明しました。

     

     また志位委員長は、参院選挙区予定候補に、長野選挙区の長瀬由希子氏(党中央委員、党長野県委書記長)を追加したことも発表。発表ずみの10人に加え、選挙区予定候補は計11人となりました。


    立民、社民、自由、民進各党に、協力のための話し合いよびかけ

     

     志位氏は、「原則としてすべての選挙区に党公認の候補者を擁立してたたかうべく、いま準備を進めています。同時に、全国32の1人区のすべてで野党統一候補を実現し、勝利することを目指して力をつくします」と強調。この間の参院選、総選挙での共闘の経過も踏まえ、「立憲民主党、社民党、自由党、さらに民進党のみなさんに協力のための話し合いを呼びかけたい」と表明しました。

     

     記者団から、希望の党に統一会派結成を呼びかけている民進党も共闘の対象なのかと問われた志位氏は、「民進党との関係では、野党間で安保法制廃止、立憲主義回復、安倍政権打倒、国政選挙でできる限りの協力を行うなどの合意の積み重ねがある」と強調しました。また、衆院の民進党所属の「無所属の会」議員には、総選挙で日本共産党の支援を受け当選した議員も多く、昨年の参院選でも野党統一候補として当選した議員が民進党にはたくさんいると指摘。「そういう流れからしても、(民進党には)協力を呼びかけたい」と述べました。

     

     一方で志位氏は、希望の党は安保法制容認、9条改憲推進の党であり、同党と統一会派を組むのは、「これまでの経過からも筋が通らなくなるのではないかという懸念を持っている」と述べました。(7候補の決意)

     

    憲法生きる政治を 仁比そうへい予定候補(中国、四国、九州・沖縄)
     

     13年参院選で躍進させていただいた共産党が10年ぶりに取り戻した議運委員会理事として、数々の強行採決に真正面から立ち向かい、秘密法、戦争法、共謀罪などの「戦争をする国」づくりに徹底した質問で挑んできました。同時に、多くの方々と力を合わせて、熊本地震や九州北部豪雨災害からの復興、原発問題や原爆症などの被害の問題、肝炎やアスベスト、水俣病や有明海の問題などに取り組んできました。

     

     現実の政治と国民生活が憲法からかけ離れていることに最大の憲法問題があります。憲法改悪を許さず憲法が生きる政治をつくるために頑張ります。(しんぶん赤旗 2017年12月28日)


    2017.10.05 Thursday

    岡山・玉野市長選 仁比参院議員と垣内比例予定候補が井上市長予定候補の応援に駆けつける

    0

      訴えに「そうじゃ」

       

       日本共産党の仁比聡平参院議員と垣内京美衆院中国比例(岡山2区重複)予定候補は10月5日、15日告示の岡山県玉野市長選をたたかう井上素子予定候補の応援に駆けつけ、街頭演説しました。両氏の訴えに、聴衆から「そうじゃ」の声が上がりました。

       

       仁比氏は希望の党について、「安倍政権をどう変えるのか示していない。希望ではなく小池百合子氏の野望の党だ」と指摘し、「真の対決構図は改憲勢力対市民と野党のたたかいだ。政治は変わらないとあきらめかけている人に希望を届ける。保守も革新もない、みんなの願いを実現するため、市民と野党の共闘を力強くするため全力を尽くす」と訴えました。

       

       垣内氏は「どんな人もどこに住んでいても輝けることをうたった憲法を政治で実現しよう」と呼びかけました。

       

       訴えを聞いた主婦は「共産党は井上素子さんをはじめ、みんなのことを考えて一生懸愈やっている。みんなにもっと共産党を知ってもらいたい。私たちが応援せんといけん」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年10月7日)


      2017.10.01 Sunday

      「声届ける懸け橋に」  白川比例予定候補・松本1区予定候補が演説 仁比議員が応援

      0

         日本共産党の白川よう子衆院四国比例予定候補は10月1日、高知県土佐市と南国市で、仁比聡平参院議員の応援を受けて街頭演説し、高知市で行われた比例と高知1区の事務所開きにも駆け付け、四国での党議席奪還を訴えました。

         

         白川氏は「四国4県をくまなく回ってきた。住民の声を国政に届ける懸け橋になる。みなさんと力を合わせ、何としても国会に駆け上がる」と表明しました。

         

         仁比氏は「『希望の党』は安保法制と憲法改悪を進めるとし、安倍政治の補完勢力だ。勇気をもって戦争法廃止、憲法9条守るために立ち上がった人たちと力を合わせ、本物の野党共闘を前進させる」と強調しました。

         

         社民党との間で一本化された松本けんじ1区予定候補は「子どもたちの未来に、戦争する国だけは残せない。立憲主義を守り、国民の命と暮らしを守る政治に変える」と力説しました。

         

         演説を聞いた女性(63)は「とにかく共産党が勝って、自民党政治を代えてほしい」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年10月2日)


        | 1/1PAGES |