CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.06.19 Tuesday

奇跡の海 壊さないで 上関原発中止求め署名提出

0

     中国電力が山口県上関町田ノ浦を埋め立て、上関原発をつくろうとしている問題で、上関の自然を守る会(高島美登里代表)など4団体は6月19日、建設中止を求めて5月中旬から始めた署名3万6303人分を経済産業省に提出し、参院議員会館で集会を開きました。

     

     署名は同団体と、原発に反対する上関町民の会、上関原発を建てさせない祝島島民の会、原水爆禁止山口県民会議が呼びかけて行ったもの。カンムリウミスズメ、スナメリなど希少な生き物が暮らす“奇跡の海”、田ノ浦を壊すなとして、▽上関原発建設中止▽国のエネルギー政策に「新規立地計画中止」を盛り込むことを求めています。

     

     署名を受け取った経産省の担当者は「現段階で原発の新増設は考えていない」と述べました。「守る会」の高島代表が「政府のエネルギー政策の中で上関原発の扱いが決まっていく。山口県知事は埋め立て許可期限を延長しており、油断は禁物。100年後の未来の子どもたちに豊かな自然を残したい」と訴えました。

     

     日本共産党の仁比聡平参院議員が参加。「野党共同で提出した原発ゼロ法案の成立へ全力を尽くす」とあいさつしました。

     

     上関原発計画 中国電力が山口県上関町の沖合約14万平方メートルを埋め立てて2基(ともに熱出力137・3万キロワット)をつくる計画。11年の東日本大震災、東京電力福島第1原発事故により工事は中断しましたが、16年8月に村岡嗣政(つぐまさ)山口県知事が埋め立て許可を19年7月まで延長しています。(しんぶん赤旗 2018年6月20日)


    2017.08.30 Wednesday

    玄海原発事故対策に疑問 共産党国会議員団が視察 九電、データ示さず説明 佐賀

    0

       


       日本共産党国会議員団は8月30日、来年1月にも九州電力が再稼働強行を狙う玄海原発(佐賀県玄海町)を視察に訪れ、事故対策などについて調査しました。真島省三、藤野保史、田村貴昭各衆院議員、仁比聡平参院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補のほか、佐賀、長崎、福岡3県にまたがる原発立地・周辺自治体の地方議員ら合わせて20人が参加するかつてない規模の調査になりました。

       

       一行は、同原発構内で3号機の中に入り、原子力規制委員会の規制基準に適合したとされる安全対策の各実施箇所を視察しました。

       

       

       視察後の質疑応答で議員団は、核燃料が原子炉容器の下に溶け落ちた場合に水を張って冷やすとしていることについて、水蒸気爆発は起きないとしている根拠について質問。九電側は「粒状になった燃料が落ちてくると考えられ、それが水の中に落ちても燃料の表面に水の蒸気膜ができて水蒸気爆発は起こらない」と断言したものの、その根拠となるデータなどは何も示さず、全て九電の想定通りになるという「安全神話」が大前提の説明に終始しました。

       

       九電は今回、「報道1社だけの取材は認められない」として「しんぶん赤旗」の取材を拒否。真島氏は視察に先立ち、東京電力など電力他社は党の視察の際、「赤旗」の取材を認めたことにふれ「国会議員は国民から選ばれた者として公務を報告する義務がある。党機関紙の取材拒否はその義務を否定するものだ」と抗議し、九電側に対応を見直すよう迫りました。(しんぶん赤旗 2017年8月31日)

       


      2017.08.30 Wednesday

      原発頼りでは食べていけぬ 真島・藤野氏らに住民 佐賀・玄海

      0

         九州電力玄海原発の視察で佐賀県玄海町入りした日本共産党国会議員団は8月30日夕、玄海原発対策住民会議の会員らと、原発に頼らない町の活性化策などについて意見交換しました。

         

         真島省三、藤野保史両衆院議員、松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補、武藤明美、井上祐輔両県議が住民会議の仲秋喜道さん(87)や新雅子さん(83)らと懇談しました。

         

         新鮮な魚料理が評判の民宿を営む男性(58)は、原発4基のうち2基が老朽化し、廃炉が迫っていることを指摘。作業員増で利用客の見込まれた定期検査が1期2回に減れば「旅館業として原発だけに頼っては食べていけない」と話し、福岡のフラダンスグループなどとの交流によって農・海産物をPRし、町の活性化へ模索を続けていることを紹介しました。

         

         仲秋さんや藤浦晧党町議は、九電のカネと支配で物が言えない町となった中、40年以上前に党が初議席をめざした時期を回想。当時は街頭演説をすれば、いっせいに住宅の窓が閉じられるなどの状況でしたが、福島原発事故後、寺住職の仲秋さんが「和尚さんの言った通りになったなあ」と声をかけられるように変化が生まれているといいます。

         

         真島氏は、原発と同じように交付金などの絡む沖縄の基地問題について「オール沖縄が保守を巻き込む運動になったきっかけの一つは、基地を撤去し自立経済に転換した方が発展すると共通理解になったこと」と強調。原発をなくしても住民自らの力で町を発展させていく上での展望を示すことの重要性を述べました。(しんぶん赤旗 2017年9月1日)


        | 1/1PAGES |