CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.06.07 Wednesday

水俣病被害者すべて救済を  患者会が国会議員要請 市田・武田・仁比各氏と懇談

0

     

     水俣病不知火(しらぬい)患者会は6月7日、水俣病被害者の救済と解決を求めて国会議員要請を行い、日本共産党の市田忠義副委員長、武田良介、仁比聡平の各参院議員と懇談しました。政府が線引きした「指定地域」や年代以外にも健康被害があり、「新たな判断枠組み」は必要だと要望しました。

     

     同日、山本公一環境相にも要望書を提出しました。

     

     熊本県天草市の漁師町で育ち、一時的に同市を離れていたために水俣病と認定されていない坂本信一さん(67)は、「集落全体で私だけが認定されなかった。線引きは不当だ」と訴えました。

     

     山本サト子さん(68)は「定年退職間際まで水俣病かもしれないと人には言えなかった」と、根強い差別や誤解を話しました。

    自らも症状がある看護師の田端由紀さん(47)は「母は母乳が出ず、不知火海の魚をすりつぶした汁で私を育てました。同級生も何かしら症状を抱えている」と、年齢で線引きする理不尽さを指摘しました。

     

     大原誠司弁護士は「政府は被害者を掘り起こし、症状に合わせた救済をすべきだ」と求めました。

     

     市田氏は「不知火海沿岸住民の悉皆(しっかい)調査は不可欠だ。居住地と出生年による線引きと切り捨ては許されない」と述べました。

     

     武田氏は「政府は“終わったこと”にしようとしているが、そうではない。解決に向けがんばりたい」と述べました。

    仁比氏は「社会と政治を変えるため、公害被害での野党共闘は大事だ」と話しました。(しんぶん赤旗 2017年6月8日)


    2017.05.01 Monday

    公式確認から61年 全面解決 早く 水俣病犠牲者を追悼 熊本

    0

       

       水俣病の公式確認から61年を迎えた5月1日、「水俣病犠牲者慰霊式」が熊本県水俣市で開かれました。患者団体などでつくる実行委員会と水俣市の主催で、遺族や被害者ら約700人が出席しました。

       

       妊娠中に汚染魚介類を食べた母親の胎内でメチル水銀に侵され、生まれながらに水俣病を抱えた胎児性患者の滝下昌文さん(60)らが「祈りの言葉」を述べました。

       

       胎児性の仲間で、歌手の石川さゆりさんを水俣に招いたコンサートの再演を39年ぶりに成功させたことについて、実行委員長を務めた滝下さんは「健康への不安や家族の支えを失う仲間もいる中で、今後を生きていく大きな力と自信になった。過去は変えられないけれど、精いっぱい生きることが未来に向かって生きている誰かの心の支えになればと思います」と語りました。

       

       日本共産党の仁比聡平参院議員が参列、献花しました。

       

       水俣病は、チッソが海に流した工場排水中のメチル水銀に汚染された魚介類を多食することによって、多くの不知火海沿岸住民が健康被害を発症したもの。行政による患者認定の基準は極めて厳しく、多くの被害者が救済から取り残され、いまだに裁判などに立ち上がらざるを得ない状況です。

       

       式典後、患者団体は山本公一環境相と面談。全面解決に向けて不知火海沿岸住民の健康調査実施などを求めましたが、半年前の面談で「調査の手法開発にスピードアップを指示している」と述べていた山本氏は今回も、具体的な進捗(しんちょく)状況や時期を明らかにしませんでした。(しんぶん赤旗 2017年5月2日)


      2017.05.01 Monday

      水俣病 全員救済まで 不知火患者会と仁比氏懇談 熊本

      0

         

         水俣病公式確認から61年を迎え、犠牲者追悼の「慰霊式」が開かれた5月1日、日本共産党の仁比聡平参院議員は熊本県水俣市を訪れ、未認定患者団体「水俣病不知火患者会」(大石利生会長)の人たちと懇談しました。松岡勝衆院九州・沖縄比例予定候補、山本伸裕県議が同席しました。

         

         ノーモア・ミナマタ第2次訴訟原告団の森正直団長は「結審まであと1年半。原告全員が一致団結するよう一生懸命、頑張っています」と述べ、国会内外での支援を求めました。

         

         仁比氏は、国が地域と出生年の線引きによって被害者を救済から切り捨てている問題で「調査して痛感したのは、地域内のみなさんの本当に深刻な被害と同じ苦しみが地域外に存在することです」と強調。不当な線引きをやめ全ての被害者救済を訴える原告に対し、国が、行政認定されていない政治決着で救済を受けた被害者を「水俣病ではない」などと裁判で反論していることについて、「ここに至って判決を取りに行かざるを得ない状況に被害者を追い込む国とは、どういう国か。裁判勝利へみんなでたたかっていくと同時に、何としても今の政治を変えなくてはならない」と力を込めました。(しんぶん赤旗 2017年5月2日)

         


        2017.02.26 Sunday

        「語るつどい」で決意 仁比参院議員、松岡比例予定候補ら原告らと交流

        0

           

           熊本県の日本共産党天草地区委員会と上天草市委員会は2月26日、仁比聡平参院議員を同市に迎え「水俣病を語るつどい」を開きました。松岡勝衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補、山本伸裕県議、宮下しょう子市議が参加し、「ノーモア・ミナマタ第2次訴訟」の原告、支援者ら70人と意見交換しました。

           

           仁比議員は、国と熊本県、加害企業チッソが裁判で被害を認めず、和解にも応じないことについて、「同じように苦しむ多くの被害者にも背を向ける被害者切り捨てにほかならない」と指摘。負けるわけにはいかない裁判で、原告と心を一つにしてたたかうと述べ、「声を必ず代弁する」と決意を表明しました。

           

           松岡候補は、水俣病の国の被害者切り捨ては熊本地震でも繰り返されているとして「政冶の在り方を変え、国民の声を届けるためにも国会に押し上げてください」と訴えました。

           

           山本県議は「問題の認識を深めるためにも被害の全容解明に不知火海沿岸地域の健康調査を求める取り組みを強めたい」と述べました。宮下市議は「議会傍聴は大きな力になる」と参加を呼びかけました。

           

           会場からは、「裁判の長期化は年金生活者には重い負担。早く終わらせてほしい」などの声があがりました。(しんぶん赤旗 2017年2月28日)


          2017.02.12 Sunday

          水俣病1000人総決起集会 不知火患者会 2年後の裁判勝利へ 熊本

          0

            全ての水俣病被害者の救済をめざす最大の未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(7400人)は2月12日、熊本県水俣市で総決起集会を開きました。国の線引きで救済から切り捨てられている被害者や裁判原告、支援者ら1000人が県内外から駆けつけ、ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の2019年春の勝利判決をめざして一枚岩の団結でたたかい抜く決意を固め合いました。

             

             大石利生会長は「加害者の国、県、チッソは被害者切り捨てを粛々と進めている。産業発展のために企業が人の命や健康を踏みにじる世の中を根本から改めていくためにも、この裁判は決して負けるわけにはいかない」と力を込めました。

             

             集会には、野党共闘を進める日本共産党、民進党、社民党の各代表が出席。日本共産党の仁比聡平参院議員、民進党県連の矢上雅義副代表、社民党県連の今泉克己幹事長があいさつし、「ともに力を合わせて勝利しよう」と訴えました。

             

             ノーモア2次訴訟原告団の森正直団長は、裁判所の公正な判決を求める声や、地方議会と国会を動かす世論を全国的に広げ、「どんな分断や攻撃があろうとも、団結と国民の力を合わせてたたかい抜き、必ず勝利しよう」と呼びかけました。

             

             園田昭人弁護団長は「約2年後の勝利判決をめざす上で、今年は非常に重要な局面を迎えている」とのべ、患者会・原告団一丸となった活動計画の実行とともに、超党派国会議員連絡会と連携し、政府に解決を迫っていく必要性を強調しました。(しんぶん赤旗 2017年2月14日)


            | 1/2PAGES | >>