CALENDER

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
<< February 2017 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2017.02.26 Sunday

「語るつどい」で決意 仁比参院議員、松岡比例予定候補ら原告らと交流

0

     

     熊本県の日本共産党天草地区委員会と上天草市委員会は2月26日、仁比聡平参院議員を同市に迎え「水俣病を語るつどい」を開きました。松岡勝衆院九州・沖縄ブロック比例予定候補、山本伸裕県議、宮下しょう子市議が参加し、「ノーモア・ミナマタ第2次訴訟」の原告、支援者ら70人と意見交換しました。

     

     仁比議員は、国と熊本県、加害企業チッソが裁判で被害を認めず、和解にも応じないことについて、「同じように苦しむ多くの被害者にも背を向ける被害者切り捨てにほかならない」と指摘。負けるわけにはいかない裁判で、原告と心を一つにしてたたかうと述べ、「声を必ず代弁する」と決意を表明しました。

     

     松岡候補は、水俣病の国の被害者切り捨ては熊本地震でも繰り返されているとして「政冶の在り方を変え、国民の声を届けるためにも国会に押し上げてください」と訴えました。

     

     山本県議は「問題の認識を深めるためにも被害の全容解明に不知火海沿岸地域の健康調査を求める取り組みを強めたい」と述べました。宮下市議は「議会傍聴は大きな力になる」と参加を呼びかけました。

     

     会場からは、「裁判の長期化は年金生活者には重い負担。早く終わらせてほしい」などの声があがりました。(しんぶん赤旗 2017年2月28日)


    2017.02.12 Sunday

    水俣病1000人総決起集会 不知火患者会 2年後の裁判勝利へ 熊本

    0

      全ての水俣病被害者の救済をめざす最大の未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」(7400人)は2月12日、熊本県水俣市で総決起集会を開きました。国の線引きで救済から切り捨てられている被害者や裁判原告、支援者ら1000人が県内外から駆けつけ、ノーモア・ミナマタ第2次訴訟の2019年春の勝利判決をめざして一枚岩の団結でたたかい抜く決意を固め合いました。

       

       大石利生会長は「加害者の国、県、チッソは被害者切り捨てを粛々と進めている。産業発展のために企業が人の命や健康を踏みにじる世の中を根本から改めていくためにも、この裁判は決して負けるわけにはいかない」と力を込めました。

       

       集会には、野党共闘を進める日本共産党、民進党、社民党の各代表が出席。日本共産党の仁比聡平参院議員、民進党県連の矢上雅義副代表、社民党県連の今泉克己幹事長があいさつし、「ともに力を合わせて勝利しよう」と訴えました。

       

       ノーモア2次訴訟原告団の森正直団長は、裁判所の公正な判決を求める声や、地方議会と国会を動かす世論を全国的に広げ、「どんな分断や攻撃があろうとも、団結と国民の力を合わせてたたかい抜き、必ず勝利しよう」と呼びかけました。

       

       園田昭人弁護団長は「約2年後の勝利判決をめざす上で、今年は非常に重要な局面を迎えている」とのべ、患者会・原告団一丸となった活動計画の実行とともに、超党派国会議員連絡会と連携し、政府に解決を迫っていく必要性を強調しました。(しんぶん赤旗 2017年2月14日)


      2016.12.09 Friday

      能本・天草地域 党が水俣病調調査 被害者救済へ聞き取り

      0

         

         日本共産党の市田忠義、仁比聡平両参院議員らによる水俣病の調査で12月9日、市田氏の佐々木勝吉、塚田誠両秘書、武田良介参院議員の島澤木綿子秘書は、水俣病被害の救済対象から大半の地域が外されているため、多くの被害者が取り残されている熊本県天草市と上天草市で、両市の担当部局や被害者掘り起こしに取り組む医師から聞き取りを行いました。蓮池良正天草市議、宮下昌子上天草市議らが同席しました。

         

         「水俣病特措法」に基づく救済策で一時金を支給された人のうちの対象地域外は天草市12%、上天草市8%と、芦北町の34%に比べわずかな数にとどまりました。(県の公表)

         

         上天草市では、生活環境課の課長補佐が「申請した人も締め切りギリギリまで悩まれた」と、いまだに残る水俣病への差別・偏見が申請を阻んだ可能性を指摘。申請主義では全ての被害者救済は困難な実態が語られました。天草市の健康福祉部長は、対象地域や周辺の人たちの健康調査の実施が特措法で定められながら、7年もたなざらしになっていることに対し、「法律に書かれていることは国がきちんとやるべきだ」と話しました。

         

         民医連・天草ふれあいクリニックの積豪英(せき・たけひで)医師は、一般の病院で特措法申請のための検診を受けた地域外の被害者が血の出るまで針を刺され、痛みを感じるから水俣病の症状はないと診断された例など、実際に当事者から聞いた話を紹介。水俣病を正しく理解しない医師の診断によって、救済を受けられなかった被害者が多く存在することをのべました。(しんぶん赤旗 2016年12月14日)


        | 1/1PAGES |