CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.09.03 Tuesday

建設産業民主化こそ 福岡県建設労働組合が大会/田村衆院議員、仁比氏あいさつ

0

     

     福岡県建設労働組合は9月1日、第65回定期大会を開きました。

     

     江口謙二委員長は、設計労務単価が7年連続で引き上げられ、大手ゼネコン・住宅メーカーが空前の利益を上げる一方、現場の賃金が十分に上がらない実態について、「単価は企業利益のために引き上げられたのではない。これでは若手は入ってこない」と強調。組合史上最高現勢となった1万4023人の組織を力に「建設産業の民主化のために大いに発揮していこう」と呼びかけました。

     

     日本共産党から田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員、高瀬菜穂子県議、立川由美県議が他党の国会議員、県議らとともに参加。

    田村議員は、アスベスト被害根絶などの取り組みに、「建設職人の命と健康を守るために全力でがんばる」と連帯のあいさつ。来る総選挙で野党連合政権の実現への決意を述べました。仁比氏は、参院選の結果を報告し、「必ず国会に戻る」と意気込みました。

     

     大会は、建設アスベスト訴訟の勝利、消費税増税の中止、公契約条例の制定、1万5000人の組織建設などに取り組む運動方針を採択しました。(しんぶん赤旗 2019年9月3日)


    2019.08.21 Wednesday

    力合わせ党を大きく 仁比氏迎え鹿児島県委総会

    0

       

       日本共産党鹿児島県委員会は8月18日に第15回県委員会総会を開き、参院選をたたかった仁比聡平前参院議員が駆けつけ、あいさつしました。

       

       仁比氏は6年間の議員活動を振り返り、「きたるべき衆院選、3年後の参院選に向けて、皆さんと力を合わせて強く大きな党をつくり、ともにたたかい続けます」と決意を語りました。

       

       野元徳英県委員長は、市民と野党の共闘の発展によって改憲勢力の3分の2を阻止したことが参院選の重要な成果と強調。奄美市、南九州市、鹿児島市などの中間選挙で勝利・前進し、全支部が世代的継承に取り組み、「野党連合政権を樹立する強く大きな党づくりに挑戦しよう」と呼びかけました。

       

       

       仁比氏は17日に種子島を訪れ、馬毛島への米軍空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)移転に反対する住民や、市民団体「戦争をさせない種子島の会」と懇談しました。(しんぶん赤旗 2019年8月21日)


      2018.08.30 Thursday

      国労九州本部が大会 仁比氏「交通権保障とともに」

      0

         

         国鉄労働組合九州本部第34回定期大会が8月30日に福岡市内で開かれ、日本共産党の仁比そうへい参院議員が連帯あいさつしました。

         

         千々岩隆委員長は、「働き方改革」一括法の修正・廃止を訴え。安倍政権への怒りと不満が頂点に達するなか、野党と幅広い市民の共闘によって参院選で与党と改憲勢力を打ち倒そうと呼びかけました。

         

         仁比氏は、大企業や富裕層にもうけを集中する安倍政権の経済政策のもと、JR九州がダイヤ減便や駅無人化など株主の利益至上主義とも言うべき異常な経営をしていると指摘。保守の自治体首長からの抗議などを紹介し「国労のみなさんの要求実現にこそ、住民本位の安全・安心な交通権を保障する未来がある。私たちも一緒に運動を広げていきたい」と訴えました。沖縄県知事選や参院選、統一地方選勝利と市民と野党の共闘前進を訴え、「安倍政治を倒し、一緒に希望ある未来を切り開いていこう」と力を込めました。

         

         社民党の吉田忠智前党首も連帯のあいさつをしました。(しんぶん赤旗 2018年9月5日)


        | 1/4PAGES | >>