CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2020.08.02 Sunday

球磨川 整備着手を 豪雨被害で田村衆院議員ら調査 熊本

0

     

     7月の記録的豪雨で甚大な被害が発生した熊本県の球磨(くま)川水系を検証して今後の治水対策に生かそうと、日本共産党熊本県委員会の「豪雨水害調査」が8月2、3の2日間の日程で始まりました。田村貴昭衆院議員、仁比聡平前参院議員、松岡勝委員長、山本伸裕県議らが参加しました。

     

     初日は、八代市の坂本町地区、芦北町の瀬戸石ダム近隣の吉尾、箙瀬(えびらせ)両地区の被災現場をめぐり、広範囲に及んだ被害を確認しました。

     

     調査では、堤防の越水や土砂崩れなどの被害現場を確認しました。瀬戸石ダム近隣の被害では、ダム上部に設置する管理用道路が水圧で変形するなどの被害が明らかになりました。

     

     田村氏は、気候変動のもと異常気象が多発していることを指摘し「まずは人命を第一に優先した避難計画を策定するべきだ」と強調。長年、球磨川の河川整備計画を政府が放置してきた責任は重いとして「整備計画は流域住民の合意を得て、急ぐべきところから着手すべきだ」と述べました。

     

     仁比氏は、瀬戸石ダムの球磨川下流域や同上流域の支流で甚大な被害が発生したことについて「ダムがオーバーフローし、河川の流下能力を下げて、上流域でのバックウオーター現象(川の流れが、逆流したりせき止められたりしている部分)などを引き起こし、被害を拡大させたのは明らかだ」と指摘しました。

     

     調査には、上野美恵子熊本市議、濱元幸一郎合志市議の両県常任委員、橋本徳一郎・八代市議らが同行しました。(しんぶん赤旗 2020年8月3日)


    2019.09.06 Friday

    産廃処分場白紙撤回を 仁比氏が住民と懇談 鳥取・米子

    0

       

       日本共産党の仁比聡平前参院議員は9月6日、鳥取県米子市で淀江産廃処分場の建設に反対する「大山ふもとの自然環境と米子の水を守る会」と懇談し、山根一典代表の案内で現地を視察しました。市谷知子県議も参加しました。

       

       

       県環境管理事業センターが建設計画を進める淀江産廃処分場について、伊木隆司市長は8月末、市有地の利用を認める方針を表明。これを受け、県は9月議会に測量・設計案を出しています。

       

       懇談で住民らは、▽旧淀江町(現米子市)と処分場を運営予定の環境プラント工業が結んだ「一般廃棄物処分場以外の用途に使わない」とする開発協定▽水道水源地の上流に計画され、専門家が指摘する汚染地下水の流入▽環境プラントエ業が運営している一般廃棄物処分場の排水が流される塩川でダイオキシンが基準値を超えた――などの問題に懸念を表明し、建設計画の白紙撤回を求めました。

       

       仁比氏は資料を精査して問題点を明らかにしたいと話しました。(しんぶん赤旗 2019年9月11日)


      2019.05.19 Sunday

      熊本地震 最善の支援策を 党国会議員団が現地調査

      0

         

         日本共産党国会議員団の「熊本地震現地調査」が5月19日、熊本県内で始まりました。仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員、衆院九州・沖縄ブロック真島省三比例予定候補(前衆院議員)らが、4年目を迎えた被災地をめぐり、いまだ癒えぬ地震の傷痕を確認し、被災者から要望を聞き取りました。2日間の日程。

         

         初日、熊本市南区の仮設団地で入居者と懇談。仮設では、行政の無理な「追い出し」が入居者を苦しめています。立ち退きを迫られたという女性(60)は、行政から賃貸物件への転居を求められるなど「不安な気持ちが日々強まっている」と訴えました。

         

         仁比議員は、行政が力を入れる方向性を間違えていると指摘し、「被災者の不安を取り除くことにこそ力を入れるべきだ」と強調しました。

         

         甲佐町の芝原地区では、地盤沈下被害が深刻です。男性(75)が住む住宅団地では、私道の排水路が地盤沈下で傾き、生活排水などが流れない汚染に悩まされています。排水路の復旧には約1500万円かかると見込まれ、男性は「家の修理だけでも厳しいのに、これ以上の負担は無理だ」と話しました。

         

         田村議員は、被災住民の生活が成り立たない問題の解決には手を差し伸べる必要があるとして、「最善の支援策を国の機関と相談したい」と話しました。

         

         調査には、山本伸裕県議、上野美恵子、那須円の両熊本市議、佐野安春甲佐町議、甲斐康之益城町議、山部洋史・前熊本市議らが参加しました。(しんぶん赤旗 2019年5月20日)


        | 1/7PAGES | >>