CALENDER

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.04.21 Saturday

各地で青年キャラバン 聴衆の男性が声援 広島

0

     

     日本共産党の仁比聡平参院議員と大平喜信前衆院議員は4月21日、広島市の繁華街での演説で国政報告し、来年の参院選、統一地方選での躍進を訴えました。中国ブロックの青年キャラバンの一環で、青年らとともに宣伝。通りがかった年配の男性が「安倍政権を倒せ」と声援を寄せました。

     

     仁比氏は、核兵器禁止条約の採択や朝鮮半島をめぐる動きにふれ、「今、世界で、北東アジアでも平和を願う一人ひとりの声が大きなうねりとなって、非核化と平和体制を構築するという大きな激動をつくり出している」と強調。「今こそ、憲法9条を持つ日本が平和的な解決のために積極的なイニシアチブを果たす、そういう政治を一緒につくりだそう」と呼びかけました。

     

     大平氏は、「被爆地、平和都市広島から党派や立場、支持政党の違いを超えて安倍政権のもとでの9条改悪は絶対許さないの声を上げていこう」と訴えました。

     

     バス停でじっと聞いていた男性(82)は「安倍首相には一日も早く辞めてほしい」とのべ、「共産党は筋が通っている」と期待を寄せました。(しんぶん赤旗 2018年4月24日)


    2018.03.29 Thursday

    森友問題真相解明を 安倍政権に改憲資格なし 本村、仁比議員ら宣伝 新宿駅前

    0

       

       日本共産党は3月29日、東京・新宿駅前で街頭宣伝し、9条改憲反対の「3000万人署名」を呼びかけるとともに「森友学園」公文書改ざん問題の真相解明を訴えました。

       

       本村伸子衆院議員、仁比聡平参院議員、星見てい子都議、沢田あゆみ新宿区議がマイクを握りました。市民からは安倍政権への怒りの声が寄せられ、若者や仕事帰りの人らが署名簿にペンを走らせました。

       

       森友問題での安倍首相の対応について聞いたシールアンケートでは「納得できない」「首相をやめるべきだ」の欄にみるみるシールが貼られていきました。

       

       中野区の女性(28)は「政治のことがよく分からなくてもおかしいと感じる。安倍さんはきちんと向き合って解決するのが当然だと思う」と話しました。

       

       横浜市の男性(66)は「安倍政権はウソばかりでひどすぎる。退陣すべきだね」と怒りを込めました。身内に自衛官がいるという女性(75)は「森友問題でも納得できないのに、改憲したらおかしくなる。戦争に加担するようなことはやめてほしい」と署名しました。

       

       本村議員は「森友問題で真実は何も明らかになっていない。幕引きを許してはなりません」と強調。仁比議員は「民主主義も国会も壊してきた安倍政権に改憲をいう資格はない」と断じました。

       

       「安倍さんはいい人だと思っていた」という新宿区の女性(77)は「みなさんの話を聞いてやっぱりおかしいなと思いました」と話し署名に応じました。(しんぶん赤旗 2018年3月30日)


      2018.01.18 Thursday

      安倍9条改憲NO!3000万署名 看板見て「思わず署名」 共産党が定例宣伝 東京・新宿

      0

         日本共産党は1月18日、東京・新宿駅西口で、安倍9条改憲反対の「3000万署名」の定例街頭宣伝を行いました。畑野君枝衆院議員、仁比聡平参院議員、藤田綾子都議、近藤なつ子新宿区議が参加しました。

         

         畑野氏は、憲法擁護義務のある安倍首相が、4日の年頭記者会見で「憲法のあるべき姿を提示する」と述べたことを批判し、「憲法を守らないこと自体が許されない」と訴えました。昨年、核兵器禁止条約が国連加盟国の3分の2の賛成で成立した背景に、被爆者の運動をはじめ市民の力があったと指摘し、「市民の力こそ平和を守るとりで。あなたの一筆が国の未来を決めます」と署名を訴えました。

         

         仁比氏は、憲法9条について、植民地支配や侵略戦争に突き進んだ戦前の歴史を反省し、「二度と戦争はしない、『陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない』と、世界と結んだ公約だ」と強調。戦後、9条のもとで「一人ひとりの人生を応援し守っていく政治の理念が打ち立てられた。その72年間のかけがえのない重みを壊させるわけにはいかない」と述べました。

        (動画はコチラ

         

         「ストップ!安倍改憲」というプラスターの文字が目に入って「思わず署名した」というミュージシャンの男性(31)は「『安倍はやばい』と感じている。戦争が起きるのも参加するのも反対」と話しました。

         

         修学旅行中の男子高校生(1年)は「授業で集団的自衛権の行使は憲法違反だと学んだ。自分たちが戦争に行かされそうで怖い」と言って署名しました。(しんぶん赤旗 2018年1月19日)


        | 1/3PAGES | >>