CALENDER

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.09.20 Thursday

基地の苦しみなくす 仁比氏と市議候補演説 山口・岩国

0

     日本共産党の仁比そうへい参院議員は9月20日、山口県岩国市で街頭演説し、10月7日告示(週日投票)の市議選で3議席獲得をめざす現職の大西明子、小川安土の両氏と新人の長岡辰久予定候補、来春の県議選で議席獲得に挑む松田一志予定候補の必勝と参院選での党躍進を訴えました。

     

     仁比氏は米軍岩国基地への空母艦載機移駐完了で爆音が激化した実態を示し、「米軍言いなりの国や基地との『共存』を掲げる市の姿勢が市民に耐え難い爆音を押し付けている」と批判。第3回南北首脳会談に触れ、「朝鮮半島の平和と非核化の流れに逆行して大軍拡を進める安倍政権にきっぱりノーの声を上げ、基地の苦しみをなくす政治を求める思いを市議選で大きく示そう」と力を込めました。

     

     暮らしの問題や沖縄県知事選での玉城デニー候補勝利への連帯も訴え、「日本共産党を躍進させることが、市民と野党の本気の共闘を前進させる一番の力になる」と強調しました。

     

     3予定候補は「子どもからお年寄りまで安心、安全に暮らせるまちをめざす」(大西氏)などと決意を訴え、雨のなか聞き入った聴衆から拍手が送られました。(しんぶん赤旗 2018年9月22日)


    2018.09.14 Friday

    共産党が四国いっせい宣伝 野党共闘全力の党

    0

       

       四国の日本共産党は9月14日、いっせい宣伝に取り組みました。徳島市の徳島駅前では仁比そうへい参院議員と上村恭子、達田良子、山田豊の3県議が沖縄県知事選勝利と参院選・統一地方選での党躍進を訴えました。

       

       仁比氏は、西日本豪雨災害での生活と生業(なりわい)の再建、防災・減災対策への大型公共事業の転換が必要だと強調。翁長雄志沖縄県知事の遺志を受け継ぐ玉城デニー候補が勝利すれば辺野古新基地建設はできないとし、「安倍政権を終わらせるために市民と野党の本気の共闘に全力を尽くすのが日本共産党です」と支持を訴えました。

       

       達田県議は「災害があっても安心して暮らせる社会へ、当たり前の政治を取り戻そう」と呼びかけました。

       

       市内の男性(82)は「安倍(首相)は沖縄を見放している。仁比さんの言うことは正しい。応援している」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年9月15日)


      2018.09.13 Thursday

      原発即時ゼロへ全力 仁比議員が街頭演説 島根・松江

      0

         

         日本共産党の仁比そうへい参院議員は9月13日、後藤勝彦島根県委員長らと松江市の大型商業施設前で演説し、来年の参院選と統一地方選での市民と野党の共闘の勝利と党の躍進を訴え、沖縄県知事選で「オール沖縄」のデニー候補への支援を呼びかけました。集まった参加者から拍手と「そうだ」の声が上がりました。

         

         仁比氏は、北海道地震による停電で泊原発が外部電源を失い、非常用自家発電で燃料プール内の核燃料を冷やしていた問題を示し、「災害大国、日本で原発ほど危ない電力はない」と指摘。「再生可能エネルギー、地産地消のエネルギーを地域ごとに整備する。これこそが政治の責任だ」とのべ、世界の主要国に逆行して原発に固執する安倍政権を批判しました。

         

         その上で、「島根原発の稼働に前のめりな政治は間違っている。みなさんと一緒に原発即時ゼロの政治に切り替えていくために全力を尽くす」と訴えました。

         

         買い物帰りの女性(73)は「戦後の貧しい時代に育ち、とても苦労しました。戦争は絶対にしてはしくない」と話し、男性(72)は「安倍首相はやりたい放題で人の話を聞かない。国民の苦しみをわかっていない」と語りました。(しんぶん赤旗 2018年9月15日)


        | 1/5PAGES | >>