CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.03.17 Sunday

「共産党伸びて」 元・現議員ら共闘のエール 岩国・山口で演説会 小池書記局長訴え

0

     

     告示まで12日と迫った山口県議選で、日本共産党の現有2議席を守り抜き、4議席への躍進を勝ち取ろうと、小池晃書記局長は3月17日、岩国市、山口市を駆けめぐりました。岩国市では、米軍基地強化に反対する市民団体の代表や無所属の前市議らが共産党躍進にむけたエールを送るなど、幅広い人たちの応援で盛り上がりました。(関連2・5面)

     

     岩国市で応援に立った「愛宕山を守る会」の岡村寛代表は「知事は国の顔色ばかり見て、県民は一顧だにしない。政治を変えるには非自民系の議員を増やすしかない」と訴えました。田村順玄・前岩国市議は「岩国で共産党が議席をとり、2議席から3、4議席となれば大きな力を発揮すると期待している」と語りました。

     

     社民党県連代表の佐々木明美県議、姫野敦子・岩国市議のメッセージも紹介されました。山口市では、内山新吾弁護士があいさつしました。

     

     岩国市で松田一志県議候補、山口市で、かわい喜代県議が決意を表明。両市で参院比例の仁比そうへい参院議員が訴えました。

     

     小池氏は、山口県政は安倍政権言いなりがひどすぎると告発しました。米海兵隊岩国基地には最新鋭ステルス戦闘機F35Bが米本土以外で初めて配備され、空母艦載機も移駐し、東アジア最大の航空基地に。こうした中で、昨年12月、岩国基地所属の2機が高知沖で墜落した際にも、関係首長らが飛行中止を求めたのに、山口県知事は「米軍が自主的に取り組むこと」というだけだったと厳しく批判しました。

     

     さらに、ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」の県内配備でも、地元の阿武町長が反対を表明しているのに、知事は「国は丁寧な説明を」と繰り返すだけだと指摘し、安倍官邸直結県政を、共産党の躍進で変えようと訴えました。(しんぶん赤旗 2019年3月18日)


    2019.03.17 Sunday

    安倍政権いいなり県政 共産党躍進で転換しよう 小池書記局長 岩国市・山口市

    0

       

       目前に迫った統一地方選と参院選で日本共産党の連続躍進を勝ち取ろうと、党山口県委員会は3月17日、岩国・山口両市で、小池晃書記局長を迎えて街頭演説会を行いました。

       

       岩国市で、松田一志県議候補が「戦闘機による爆音や墜落事故があっても、市民の不安は切り捨てられてきた」と告発。山口市で、かわい喜代県議が「くらし、原発、平和、県民の願いに背を向ける県政に怒りがいっぱいだ。県民の願いが届く県政に」と訴えました。

       

       両市で訴えた参院比例の仁比そうへい参院議員は、「いよいよ大勝負。安倍政治を終わらせるために力を集中し、必ず勝利しよう」とよびかけました。

       

       小池氏は、国保税が統一地方選の大争点だとして、県が決めた「標準保険料率」に合わせて値上げするよう安倍政権が号令をかけ、岩国市では平均的な年収の4人家族で年3万2800円、山口市では年5万1400円の値上げになると告発。国が公費1兆円を投入すれば、岩国市で現行42・1万円から26・3万円、山口市で現行41・5万円から26・8万円に引き下げることができると強調し、「共産党躍進で、国保値上げをストップし、大幅値下げの実現を」と訴えました。

       

       県政について小池氏は、「安倍政権いいなり」だと指摘。原発建設でも上関町で公有水面埋め立ての延長に同意したと語りました。

       

       「県民の暮らしにも冷たい」と語った小池氏は、西日本豪雨災害では土砂崩れが多発したものの、危険箇所の整備率は24%と低く、半壊、床上浸水への県独自の支援制度もないと告発しました。

       

       小池氏は、「お金がないのではない」と指摘。総事業費2000億円の下関・北九州道路建設など「新たなムダ遣いをすすめようとしている」と語りました。

       

       県政与党の自民・公明が安保法制の制定や憲法「改正」実現の意見書を採択したと指摘。党県議団が県民要求実現に全力を尽くし、県立高校普通教室へのエアコン設置、支援を必要とする子どものための「通級指導教室」を5年間で35教室開設させたと述べました。(しんぶん赤旗 2019年3月18日)


      2019.03.16 Saturday

      消費税ノー、岡田県議予定候補で 仁比参院議員が支援訴え 高知・南国

      0

         

         日本共産党の仁比そうへい参院議員は3月16日、高知県南国市で宣伝し、県議選同市区(定数2)で議席獲得をめざす岡田よしひで予定候補への支援を呼びかけました。

         

         仁比氏はアベノミクスで大企業がもうけを独り占めし、格差が広がり、日本が経済成長しない国になったと批判。消費税の増税でなく、大企業や富裕層に応分の負担を求める党の対案を示し、「消費税10%増税許さないの声を岡田氏に寄せてほしい」と訴えました。

         

         岡田氏は市民アンケートに「国保料が高すぎる」との声が上がっていることを紹介。均等割の廃止など国保料の引き下げに頑張ると表明しました。

         

         話を聞いた女性(82)は「原発再稼働をすすめ、憲法改悪まで狙う安倍政治はいかん」と話し、ある女性(77)は「消費税増税阻止などで頑張る共産党は国民の味方だ」と言い、「安倍暴走政治を止めないといけない」と力を込めました。(しんぶん赤旗 2019年3月19日)


        | 1/10PAGES | >>