CALENDER

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.11.03 Sunday

憲法守れ 安倍政治変えよう 「運動には正義がある」  福岡

0

     

     「平和をあきらめない北九州ネット」は11月3日、北九州市小倉北区で「改憲やめろ!11・3北九州集会」を開きました。300人が参加し、のぼりやプラカードを掲げて「安倍首相は平和憲法を守れ」の声をあげました。

     

     

     政党から日本共産党の仁比聡平前参院議員、社民党福岡県連合代表の野上隆三氏があいさつ。仁比氏は、閣僚の辞任が相次ぐ安倍首相を批判し、「憲法を守り生かす市民と野党の共闘を大きく前進させ、野党連合政権を一緒につくっていきましょう」と訴えました。日本共産党北九州市議団が参加しました。

     

     同ネット副代表の前田憲徳氏(北九州第一法律事務所弁護士)は、「私たちの運動には正義がある。頑張っていきましょう」と呼びかけました。

     

     集会後、商店街をコールしながら行進しました。(しんぶん赤旗 2019年11月6日)


    2019.10.12 Saturday

    ミサイル基地いらん 山口・阿武町で県民大集会

    0

       

       陸上イージスの配備計画の候補地、山口県萩市に隣接する阿武町で10月12日、第2回「ミサイル基地をつくらせない県民大集会」が開かれました。「総がかり行動萩実行委員会」などでつくる実行委員会の主催。台風の中、昨年と同じ会場は約300人の参加者で昨年同様に満席となり、「ミサイル基地はいらん!」と唱和しました。

       

       もう一つの候補地、秋田県の「ミサイル基地『イージス・アショア』を考える県民の会」の渡部雅子共同代表が「日本のどこにもイージスはいらない」と訴えると、ひときわ大きな拍手が湧きました。

       

       実行委員長(75)は「防衛省は住民の疑問や不安に真正面から答えていない」と批判し、撤回まで力を合わせようと呼びかけました。

       

       地元の農家や、東京電力福島第1原発事故の避難移住者らが次々に発言し、同町で農家民宿を営む男性(73)は「もし建てられたら農業は続けられない」と訴え。候補地近くのダイコン産地・千石台(せんごくだい)出荷組合の組合長は「子どもたちの健康に影響を与えるようなものは到底、認められない」と語気を強めました。

       

       東京新聞論説兼編集委員の半田滋氏が講演しました。

       

       県内の野党各党の地方議員らの他、日本共産党の大平よしのぶ衆院中国ブロック比例候補、仁比聡平前参院議員が参加しました。(しんぶん赤旗 2019年10月13日)


      2019.06.02 Sunday

      築城の米軍基地化許さず 福岡県集会に1500人が結集

      0

         

         「築城(ついき)基地(築上町など)の米軍基地化を許さない!福岡県集会」が6月2日、築上町で開かれ、約1500人が結集しました。県総がかり実行委員会と戦争への道を許さない県フォーラムの共催。

         

         30年にわたって築城基地反対の座り込みを続ける「平和といのちを見つめる会」の渡辺ひろ子代表は、計画発表後の山口・岩国基地の米軍機飛来激増を報告し築城基地強化は沖縄の負担軽減に寄与しないと指摘。「みなさんのパワーを明日からの運動につなげ、基地撤去までたたかいつづける」と語りました。

         

         

         集会中も戦闘機のごう音が響く中、沖縄、岩国、新田原(にゅうたばる)、日出生台(ひじゅうだい)、佐賀の住民が基地問題を報告しました。

         

         新川久三・築上町長がメッセージを寄せました。

         

         

         日本共産党の仁比そうへい参院議員が「日米軍事一体化で世界中に出撃する国づくりを許すわけにはいかない。参院選での市民と野党の本気の共闘、日本共産党躍進で安倍政治を終わりにしていこう」と力を込めました。社民党の佐々木允県議があいさつ。日本共産党の田村貴昭衆院議員、立憲民主党、国民民主党の国会議員からメッセージが届きました。

         

         

         集会後、参加者らは築城基地までデモ行進し、「米軍は来るな」「辺野古新基地絶対反対」とコールしました。

         

         3歳の子どもを連れて参加した砂川絢音さん(24)は「安保法強行から子どもの将来が不安です。普通の生活が困難な沖縄の現状も見てきた。集会に来ることで沖縄の問題を自分たちの問題としてとらえることができます」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年6月3日)


        | 1/7PAGES | >>