CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.09.29 Saturday

女性の人権守る社会に 仁比氏、つどいで訴え 宮崎・女性後援会

0

     日本共産党の仁比そうへい参院議員は9月26日、宮崎市で開かれた日本共産党女性後援会の集いで女性への人権侵害、沖縄県知事選などについて話しました。

     

     仁比氏は、財務省のセクハラ問題や東京医科大が女性受験者を一律に減点していた問題、杉田水脈衆院議員の発言などに触れ、憲法14条や24条の根底にある個人の尊厳に照らしてありえない事態が進行していると指摘。「憲法を実現していく社会をつくっていくことは日本の民主主義を実現していく上で太い柱の課題」と話しました。参加者は「署名をとる時、男性の方が『この子(女性)はいいから』と署名を断った。自分が一人の人間として生きていくことがどういうことか女性に学んでほしい」など語り合いました。

     

     25日に2019年の統一地方選への立候補を表明した新人の久保田早紀宮崎市議予定候補は、「日本の議会では女性議員が少なく、答弁する行政側も男性ばかり。多様な意見や母親の願いを実現する立場として頑張りたい」と述べました。(しんぶん赤旗 2018年9月29日)

     


    2018.09.22 Saturday

    党躍進へ 各地で集い 復興支援に尽力  熊本 

    0

       熊本市の日本共産党熊本地区委員会と党八王寺支部は9月22日、仁比聡平参院議員を迎え、つどいを開きました。沖縄県知事選の玉城デニー候補勝利、来年の参院選、統一地方選での市民と野党の共闘前進と党の躍進を呼びかけました。2会場で30人余りが参加。山本伸裕県議、上野美恵子市議が出席しました。

       

       仁比氏は、日本共産党が野党共闘の要となり「憲法が生きる希望ある政治に道を切り開いてきた」と紹介しました。災害支援では、被災者にまで「自己責任」を押し付ける安倍政権を批判し、「住まいの再建はじめ元の生活を取り戻してこそ本当の復興だ」と強調。生活再建支援金を500万円に引き上げ一部損壊にも公的支援などの拡充に力を尽くしたいと述べました。

       

       懇談で仁比氏は、みなし仮設の追い出しや医療費免除打ち切りなど熊本地震被災者からの切実な訴えについて、「声をあげることが大事。共産党はいっしょに頑張ります」と答えました。

       

       参加した女性(61)は当面する沖縄知事選について、「情勢がよくわかった。辺野古新基地阻止や米軍基地撤去を願う県民に寄り添うデニー候補勝利に、熊本からも支持を広げたい」と話しました。

       

      安全守る政治へ 広島

       

       広島県の日本共産党後援会と労働者後援会は9月20日、仁比そうへい参院議員を迎え広島市でつどいを開きました。来年の参院選と統一地方選での党躍進と野党共闘勝利へ決意を固め合いました。

       

       県後援会の会長は相次ぐ自然災害にふれ、「国民の安全を守る政治が強く求められている。安倍政権には任せられない」と強調。「国政の場で共産党が躍進していくための取り組みを皆さんの力で成功させよう」とあいさつしました。

       

       仁比氏は、共産党が市民と野党の本気の共闘を追求している姿勢に他党から大きく信頼が寄せられ共同が深まっているとのべ、野党が共同提出した法案は20本に上ると紹介。その上で「共産党が強く大きくなってこそ安倍政治に立ち向かう、本気の共闘に発展させることができます」と訴えると、参加者は拍手で応じました。

       

       娘と参加した女性(77)は「党が共闘の力で政治を動かすことや、戦前から一貫して反戦平和を訴えていることをいろんな人に知ってほしいです」と話しました。(しんぶん赤旗 2018年9月25日)


      2018.09.18 Tuesday

      参院選など党躍進訴え 仁比議員迎え国政報告会 徳島

      0

         

         日本共産党の仁比そうへい参院議員を迎えた国政報告会とつどいが9月15日、徳島県内の徳島、阿南、吉野川の3市で開かれ、沖縄県知事選の勝利、来年の参院選と統一地方選での党躍進を訴えました。

         

         仁比氏は、沖縄県民は民意を踏みにじる安倍政権と対峙(たいじ)して、「絶対にあきらめない」とたたかっていると強調し、「オール沖縄」の民意を築くうえで党の果たした役割は大きいと指摘。県知事選の勝利で安倍首相に辺野古新基地建設をあきらめさせる秋にしようと呼びかけました。

         

         格差の拡大、消費税10%への増税、憲法改悪など暴走する安倍政権を批判。憲法が生きる民主主義の社会をめざし、国民の合憲で改革を前に進めるのが共産党だとして、「5年前の参院選での党躍進が野党共闘の扉を開いた。さらに党に力を貸してほしい」と訴えました。

         

         「野党共闘はどうなっているのか」と問われた仁比氏は「国会での共闘は前進している。参院選での野党統一候補の勝利と党の前進で、野党連合政権の展望を示そう」と語りました。

         

         徳島市で1人が入党を決意しました。(しんぶん赤旗 2018年9月18日


        | 1/22PAGES | >>