CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2018.01.05 Friday

2018新年のあいさつ

0

    改憲許さない思いつのる 参議院議員 仁比そうへい

     

     あけましておめでとうございます。

     

     三が日。福岡は寒いけれど心地よい晴れ間に恵まれ、初詣や初売りの家族連れ、若者たちの晴れがましい姿に、清新な決意があふれてきます。

     恒例の祖母を囲んで総勢40人近くのファミリー新年会。自慢の祖母は来月初めになんと106歳になります。私が初孫、一番小さいひ孫が1歳、あらゆる世代の幸せを願うつどいです。

     

     祖母は、戦時中、亡祖父の仕事で北京におり、終戦を33歳で迎えて当時9歳の母、2歳で双子の叔母たちを背負い、6カ月の大きいおなかを抱えて命からがら引き揚げ、5人の娘を育て戦後を生き抜いてきました。祖父は早くに亡くなりましたが、祖母にはもっと長生きしてもらいたい。みんなの思いです。とても元気で、きっと来年の私の選挙も張り切って投票に行ってくれるでしょう。

     

     親たちの介護や病気も続きますが、子どもたちはぐんぐん頼もしくなっていきますね。憲法改悪など絶対許さない。思いがつのります。(しんぶん赤旗 2018年1月5日)


    2018.01.01 Monday

    憲法を暮らしに生かす政治に 仁比そうへい参院議員

    0

       

       燃える中国・四国・九州・沖縄17県から3期目に挑みます。

       

       この4年、議院運営委員会理事として「数の暴力」を断じて許さず、徹底した国会質問で秘密法、戦争法、共謀罪、辺野古新基地やオスプレイ配備、米軍機の低空飛行など「戦争する国づくり」に立ち向かってきました。

       

       熊本地震や九州北部豪雨、原発問題や原爆「黒い雨」、有明海、水俣病、肝炎、アスベスト、性暴力の根絶など、党派を超えて皆さんと力を合わせてきました。

       

       現実政治と国民生活が、平和・民主・人権の憲法からかけ離れている。そこにこそ最大の憲法問題があります。9条改憲を許さず、憲法を暮らしに生かす政治へ。草の根から先頭に立ちます。(しんぶん赤旗 2018年1月1日)


      2017.09.20 Wednesday

      水曜随想 「安倍退陣 決定的審判を」 参議院議員 仁比聡平

      0

         台風18号縦断の3連休開け。国会は、来週9月28日の臨時国会冒頭に衆院解散、10月10日公示22日投票の総選挙必至の大嵐です。安倍総理は、憲法に反して野党の臨時国会要求から逃げ回ったあげく、改造内閣の所信表明演説すらおこなわず、「とにかく解散」「逃げ切り延命」の構えですが、ここまで国会質問から逃げ回る人物は歴代総理にありません。いよいよ隘路(あいろ)に追い詰められているのです。

         

         4年前、「腕は折れても心は折れない」と議席奪還以来、私は安倍暴走と最前線でたたかい抜いてきました。それは一言でいうなら、格差拡大と戦争準備のクーデターであり、暴力による議会と民主主義の破壊とのたたかいでした。

         

         先の国会で、内心・プライバシーに踏み込み話し合いを処罰する「共謀罪」の正体を徹底的に明らかにした私たちの論戦と運動は、政府を追い詰めていました。にもかかわらず、総理の進退に関わる森友・加計疑惑には問答無用でふたをし、「共謀罪」だけはかつてない国会破壊で強行した自民・公明議員の大罪を思い起こそうではありませんか。その暴挙がいよいよ憲法9条そのものに及ぼうとしているのです。

         

         「私たちの声はもうどこにも届かないのか。強者になるか強者の『お友達』になることしか、声を届けるための選択肢はないのか」「それでもなお、声をあげることは誰かとつながることのできる希望であって欲しい」(28歳、「朝日」6月21日付)。こうした声がつながりあって、東京都議選で自民党歴史的大敗の審判を下しました。押さえ込んだ圧力釜のふたがはじけたように、「そんとくとそんたくだけの世の中だ」(「毎日」7月15日付)、「お友達誰を残して誰入れよう」(「東京」同日付)、「丁寧でなくていいから正直に」(「毎日」同26日付)といった川柳が一般紙に躍っています。

         

         この声に応え、ともに手をとりあって、本気の野党共闘のために誠実に頑張り抜く共産党の大躍進こそ、安倍政治を終わらせる決め手です。ご一緒に、安倍退陣の決定的審判を下そうではありませんか。(しんぶん赤旗 2017年9月20日)


        2017.07.19 Wednesday

        水曜随想  「本気の共闘発展させる」 参議院議員 仁比聡平

        0

           押さえ込んだ圧力釜のふたがはじけたかのように、憲法をこわし政治を私物化する安倍政治に国民の怒りは沸騰し、都議選を通じてむき出しになったボロボロの正体に歴史的大敗の審判が下された。

           

           内閣支持率は急落を続け、もはや政権末期というべき29・9%(時事通信)。「加計問題での総理の説明は信頼できない」67・3%、「説明責任を果たしていない」79・9%に上っている。格差をひろげながらお友達だけを優遇し、それが発覚すれば権力ずくで隠蔽(いんペい)し、真実を証言しようとする者を口を極めておとしめ、封殺しようとする。強権、独裁の安倍総理そのものに不信任が突きつけられている。

           

           自らやめないのなら、総理に残された道は、衆議院を解散して国民に信を問うほかない。

           

           ところが総理は、小手先の内閣改造で目先を変えれば、国民は忘れるとでも思っているらしい。

           

           戦後日本の歩みを百八十度転換する憲法9条改悪のスケジュールは変えない、あくまで秋の国会に自民党改憲案を提出し、来年には国民投票にかけるのだという。総理や日本会議のメンバーにしてみれば、周到に準備し「読売新聞を読め」と号砲を鳴らした改憲スケジュールを引っ込めるわけにはいかない、とでもいうのか。

           

           先の国会最終盤、総理自身の進退にかかわる加計疑惑には問答無用でふたをし、警察権力が乱用される重大な危険をはらむ「共謀罪」法案だげは何が何でも押し通す、かつてない国会破壊、民主主義破壊を強行したのが、自民・公明両党である。断じてこの政治を許してはならない。

           

           いよいよ安倍政治を終わらせ、新しい政治をつくる大激動の時代が始まった。

           

           市民と野党の本気の共闘を発展させるために、どうしてもいま日本共産党が強く大きくならなければならない。「苦難あるところ日本共産党あり」。日本共産党は、安倍自民・公明政治に真正面から対決し、どんな問題にもしっかり解決策を示して、市民と野党の共闘を本気で発展させ、民主主義の力で新しい政治をつくるために全力で頑張っている。どうぞあなたも、日本共産党へ。(しんぶん赤旗 2017年7月19日)


          2017.05.24 Wednesday

          水腰随想 「総理のおごり極まれり」 参議院議員 仁比聡平

          0

            「共認罪」法案の強行採決に、怒りのまなざしで国会に迫った1万人もの若者、学生たち。「説明できない法案通すな」のコールが強く印象に残りました。

             

            仁比聡平議員 「下見と花見や散歩はどう違うのか」

             

            金田法相 「犯罪のために散歩しているのか、花見をしているのか、あるいはそうではなくて、その下見のために歩いてまあ散歩をしているのか、そういうところの違いだとこういうふうに考えております」(審議中断。官僚の耳打ちを受け)「目的が違う。しっかりとそこを調べる」

             

            藤野保史議員 「外形的事情というが調べるのは内心」

             

            金田法相 「たとえば花見であればビールや弁当を持っているのに対して、下見であれば地図や双眼鏡などを持っているというような」(議場爆笑)

             

             こうした類いの恥ずべき答弁不能に陥っているのは、法案がまぎれもない憲法違反の共謀罪であることの証しです。それは、警察による監視社会を飛躍させ、「ものいう市民を萎縮させて民主主義を機能させなくなる」(小林よしのり参考人)のです。

             

             総理は「一般人が捜査の対象になることはありえない」と繰り返しますが、結局一般人とは警察に疑われていない人のこと。一般人かどうかは警察が決める。何の説明にもなっていないだけでなく、権力者が「あなたは一般人」「おまえは違う」とする上から目線こそ憲法を弁(わきま)えない強権です。それは市民運動や弁護士会のチラシを敵視する公明党、強行をけしかけた維新の姿にも現れました。

             

             その狙いは、安倍総理の改憲発言(5月3日)で一層はっきりしました。それをビデオメッセージと「読売新聞を読め」と押しっける。

             

             総理のおごり極まれり。それは政権復活から4年、衆参で「改憲勢力」3分の2を得ても改憲プログラムが進まない深いいら立ちのあらわれです。

             

             断固として、わかりやすく、共同をひろげるために、全力を尽くしましょう。迫る都議選、来たるべき総選挙で「アベ政治許さない!」の決定的審判を下しましょう。(しんぶん赤旗 2017年5月24日)


            | 1/15PAGES | >>