CALENDER

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.01.04 Friday

共産党告発の内部文書隠ぺい 仁比質問(15年9月)の翌日、存在照合

0

    防衛省 戦争法強行のウラで

     

     戦争法(安保法制)が強行された2015年の国会で、日本共産党が独自に入手し告発した防衛省の内部文書について、質問の翌日には同省内にある文書と照合していたことが、本紙の取材でわかりました。この時点で、同省は文書の内容を真実性が高いと判断したとみられ、「同一のものの存在は確認できなかった」と答弁してきた安倍晋三首相の責任が問われます。

     

    米に成立約束の統幕長発言

     

     現職自衛隊幹部が国を訴えた民事裁判で、国が提出した資料から判明しました。

     

     共産党が入手した文書は、自衛隊トップの河野克俊統合幕僚長がオディエルノ米陸軍参謀総長に「(戦争法の成立は)与党の勝利により来年夏までには終了する」などとのべたことを記したもの。この発言は戦争法が強行成立される10カ月も前の2014年12月の総選挙後にされていました。

     

     

     15年9月2日の参院特別委員会で日本共産党の仁比聡平参院議員がこの文書を取り上げ、中谷元・防衛相(当時)に確認を求めていました。質問動画はコチラ

     

     国が裁判に提出した資料によると、陸上自衛隊中央警務隊は仁比氏が質問した翌日の3日に「共産党議員手交内部資料と統合幕僚監部作成資料の照査に関する捜査報告書」を作成。防衛省内にあるものと、仁比氏が示した文書を照合していました。

     

     仁比氏の質問後、国会では「同一のものの存在は確認できなかったものと認識」(安倍首相、15年9月11日)、「同一のものは確認できませんでした」(中谷防衛相、同)と答弁し、戦争法案を同19日に強行成立させました。

     

     一方で、防衛省は存在が確認できないはずの文書を“漏えい”した犯人を捜していました。

     

     現在、さいたま地裁で身に覚えのない容疑で違法捜査を受けたとして防衛省情報本部の大貫修平3等陸佐(44)=嫌疑不十分で不起訴=が損害賠償を求める裁判を起こしています。

     

     国側は大貫さんの私物パソコンから「内部資料と思料するデータを抽出」したなどと主張しています。

     

     その際、抽出したとされるデータと照合したのは、原本ではなく仁比氏が国会で示した文書でした。

     

     警務隊が16年3月15日に作成した捜査報告書によると、このデータと仁比氏の文書が「同一資料の可能性が高い」として、漏えいの疑いをかけています。こうした点からも防衛省が仁比氏の文書について真実性が高いと判断していたことがうかがえます。

     

     大貫さんの代理人の伊須慎一郎弁護士は「仁比氏の文書を捜査で照合用に使っているということは、9月3日の時点で本物と確認した疑いが強い。政府は、ほぼ同一の文書があることを知りながら、ごまかし続けたことは国民軽視も甚だしい。米軍高官に戦争法を『夏まで』に成立させることを約束したことも知っていたと思われ、それだからこそ、米国に忖度(そんたく)し、法案成立を遅らせないためにウソ答弁を重ねた姿が浮かぶ」と指摘します。(しんぶん赤旗 2019年1月4日)

     


    2019.01.01 Tuesday

    統一地方選・参院選へダッシュ 亡国の農政止める 仁比・田村議員、かわの予定候補 福岡 

    0

       

       日本共産党の仁比そうへい参院議員、田村貴昭衆院議員、かわの祥子参院福岡選挙区予定候補は1月1日、北九州市の八坂神社前で年始のあいさつに立ちました。

       

       初詣客に声をかけ、次々と握手。27日投票の市長選、市議補選をたたかう、ながた浩一市長候補、うど浩一郎市議候補も参加し、たかせ菜穂子県議(小倉南区)、大石正信県議候補(小倉北区)、党市議らとともに「今年連続する選挙、日本共産党の躍進で日本と北九州の政治を変えよう」と訴えました。

       

       

       仁比氏は「安倍政治を終わらせる大きな力の共同をどうつくるか。その一点に集中して全力を尽くす」と決意表明。田村氏は「被災者支援や『亡国の農政』ストップに心を砕く一年。選挙に勝って新境地を切り開く」。かわの氏は「憲法9条はまさに安倍首相のような権力者の暴走を止めるためのものと訴え抜き、改憲を止めたい」と語りました。

       

       足を止めた市内の男性(62)は「野党第1党になるくらい議席を増やして」と話しました。(しんぶん赤旗 2019年1月3日)


      2018.12.20 Thursday

      メガソーラー反対住民 仁比氏らと懇談 岡山 景観・住環境を壊さないで

      0

         日本共産党の仁比そうへい参院議員は12月20日、国内最大規模の大規模太陽光発電所(メガソーラー)建設計画に反対している岡山市北区の大井地区連合町内会を訪ね、萱野英憲会長(69)、守屋勉さん(74)と懇談しました。森脇久紀県議、すみより聡美参院岡山選挙区候補が同行しました。

         

         メガソーラーの事業者は昨年に1度、住民説明会を開いただけの不誠実な対応です。

         

         守屋さんは、連合町内会が断固反対の決議書を事業者に提出したことを紹介し、「みなさんの力を借りてこの計画をなんとしても阻止したい」。萱野さんは、大多数の住民の反対署名をあげ「みんな反対の意思でまとまっています」と話しました。

         

         反対運動は党派を超えて広がり、伊原木隆太知事は11月県議会で「県民の安心・安全を確保した上で進めていくことは大変重要だ」と述べ、メガソーラーを含む太陽光発電の建設について県独自の条例制定を検討する考えを示しました。

         

         仁比氏は「住民の景観と住環境を守れの要求がきちんと県独自の条例に盛り込まれるよう、国・県・市に対して私たちも取り組んでいきたい」と応えました。(しんぶん赤旗 2018年12月21日)


        | 1/445PAGES | >>