CALENDER

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2020.08.23 Sunday

来年1月市議選 北九州10氏勝利必ず 共産党活動者会議

0

     

     次の総選挙と来年1月の北九州市議選の勝利をめざし、日本共産党福岡県委員会は8月23日、同市で党活動者会議を開きました。田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院九州・沖縄ブロック比例(福岡9区重複)予定候補、市議選10予定候補が一堂に会し、決意を固め合いました。仁比聡平前参院議員も参加しました。

     

     内田裕県委員長は、市議選と総選挙の連続選挙の全国的な意味を強調し、コロナ禍の下での厳しさと可能性の両面をとらえ必要な手だてを全て打ち尽くすよう訴えました。安倍政権への怒りが広がるとともに、国民の苦難軽減に奔走する党への期待と注目が高まっていると述べました。

     

     内田氏は、12月の党中央幹部を招いての街頭演説を結節点とし、党の風を起こすよう呼びかけ。大量宣伝、支持拡大と担い手づくり、SNS活用に取り組み、党勢拡大で9月末までの大会現勢回復を提起して「勝利の展望をつかもう」と強く訴えました。

     

     今期で勇退する石田康高市議団長が、安倍政権直結の市政で党市議団の果たしている役割を強調。3500億円の下関北九州道路建設をやめさせ、医療、福祉、教育などへの転換を訴えました。

     

     荒川徹幹事長を筆頭に10予定候補全員が決意表明。荒川氏は、歴代最高の議席占有率をめざし、「全力をあげる」と決意を述べました。

     

     田村氏は、市民と野党の共闘を大きく広げて「政権交代を勝ち取る」と訴えました。(しんぶん赤旗 2020年8月26日)


    2020.08.08 Saturday

    共産党議員団が献花 原爆犠牲者を追悼 長崎・爆心地公園

    0

       

       日本共産党の志位和夫委員長は8月8日、長崎市の爆心地公園で原爆落下中心地碑に献花し、犠牲者を追悼しました。

       

       献花には、志位氏のほか、田村貴昭衆院議員、まじま省三衆院比例九州・沖縄ブロック候補(前衆院議員)、仁比聡平前参院議員、安江あや子衆院長崎1区候補、堀江ひとみ県議が参加しました。

       

       献花に先立ち、志位氏は、長崎原爆被災者協議会(被災協)の被爆75周年記念事業の一環として、同公園の地面に白い波形の線で描かれた被爆者の「声紋源場」を見学。作者の竹田信平さんの説明を聞きながら、スマートフォンのアプリを使って声紋を読み取り、流れた被爆者の「声」に耳を傾けました。

       

       また献花後、同公園にある原爆によってつくられた地層の展示を訪れ、地面の下に瓦やレンガ、茶わんやおちょこなどが閉じ込められ、人々の生活をそのままおしつぶした原爆の非人間的な惨状を見学しました。(しんぶん赤旗 2020年8月9日)


      2020.08.06 Thursday

      志位委員長が原爆碑に献花 広島

      0

         

         日本共産党の志位和夫委員長は8月6日早朝、広島市の平和記念公園で原爆碑に献花し、犠牲者を追悼しました。

         

         献花には、志位氏と笠井亮、本村伸子両衆院議員、井上哲士参院議員、大平よしのぶ衆院比例中国ブロック候補(前衆院議員)、仁比聡平前参院議員、大西オサム衆院広島1区候補、藤本さとし同広島2区候補のほか、村上昭二広島県委員長、辻恒雄広島県議、近松里子、中原洋美、吉瀬康平、中森辰一、藤井敏子の各広島市議らが参加しました。(しんぶん赤旗 2020年8月7日)


        | 1/453PAGES | >>