CALENDER

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

仁比そうへいムービー


カウンター

ブログパーツUL5
2009年3月1日から

CATEGORIES

アーカイブス

2019.07.17 Wednesday

「共産党ならではの値打ち」を広げ抜き、比例での共産党躍進を 志位委員長が訴え 岡山・広島・福岡

0

     

     大激戦のまま参院選最終盤に入ったもとで、市民と野党の共闘勝利、日本共産党の躍進をめざして、日本共産党の志位和夫委員長は7月17日、岡山、広島、福岡の3県4カ所を駆けめぐり、支援を訴えました。志位氏が「32すべての1人区で野党共闘を勝利させるとともに、比例代表で日本共産党を躍進させてください。現状は現有5議席に届いていません。しかし、全国どこでも共産党への期待が広がっているというのが、遊説での実感です。残り5日間がんばりぬけば、7議席に伸ばす可能性はあります。あなたの力をお貸しください」と熱烈に呼びかけると、聴衆で埋まった各地の街頭は大きな拍手と歓声に包まれました。

     

     

     志位氏は、大争点になっている年金問題、消費税10%増税、家計応援、憲法などについて、「くらしに希望を―三つのプラン」など日本共産党の提案をくわしく訴えました。

     

     訴えの最後に志位氏は「なぜ共産党か」と問いかけ、比例代表で日本共産党を伸ばす三つの値打ちを訴えました。

     

    安倍政権と対決 国民の立場で解決策示す党

     

     第1は、どんな問題でも、安倍政権と厳しく対決するとともに、国民の立場での解決策を示している政党だということです。志位氏は「貧しい年金」を批判するだけでなく、「減らない年金」「安心の年金」にむけて財源も含めた提案をしていると強調。消費税増税でも反対とともに「消費税に頼らない別の道」で財源をつくり家計応援にあてる対案を示し、憲法問題でも、憲法改定反対とともに、9条を生かした平和外交で、北東アジアや中東に平和体制をつくり、「核兵器のない世界」に貢献するという対案を示していると語りました。

     

     志位氏は「日本共産党がこういう対案を示すことができるのは、『財界中心』『アメリカいいなり』という二つの日本の政治のゆがみを大本からただして、憲法に書いてある通りの『国民が主人公』の国、本当の独立国といえる日本をつくることを大方針にしている政党だからです。この党を伸ばすことが、みなさんの願いをかなえる一番の確かな道ではないでしょうか」と呼びかけました。

     

    安倍9条改憲阻止 共産党伸ばすのが最も確かな力

     

     第2は、安倍9条改憲の野望を止めるには、日本共産党を伸ばすことが最も確かな力になるということです。

     

     志位氏は、安倍首相が各地の遊説で改憲を前面に訴えていることをあげて、「多数をとったら、それが民意だと言って改憲への暴走を開始する危険が大いにあります」と指摘。「この危険な『戦争する国』づくりの野望に、正面から対決し、国民とともにたたかっているのが日本共産党です」と強調しました。

     

     「日本共産党は、党をつくって97年、戦前の暗い時代から、筋金入りの反戦・平和の党です。平和憲法を守り、生かそう―この願いをどうか、こぞってお寄せください」と訴えました。

     

    共闘発展でも共産党躍進が決定的に重要

     

     第3は、「市民と野党の共闘」を発展させるうえでも、日本共産党の躍進が決定的に重要だということです。

     

     志位氏は、安倍首相が一番怖がっているのが野党共闘だと指摘し、「野党はそれぞれ立場が違う」と攻撃していることに触れて、「立場が違うのは当たり前です。別の政党なんですから。違いがあっても、国民の切実な願いをうけて一致点で大同団結する。それこそが民主主義ではありませんか」と強調。32の1人区すべてで勝利をめざして最後までたたかいぬく決意を表明しました。

     

     その上で、志位氏は「野党共闘を発展させる一番の力は日本共産党が伸びることです。2015年9月19日、安保法制が強行されたその日に、私たちは野党共闘の道に踏み出しました。それを可能にしたのが、市民のみなさんのたたかいと、13年の参院選での8議席への躍進、それに続く14年の総選挙での21議席への躍進でした。日本共産党を大きくしていただいたことが、野党共闘につながりました。今度の選挙で、共産党を伸ばしてもらうことが、野党共闘をさらに発展させ、野党共闘の力で新しい政権をつくる希望ある未来を開くことになることを訴えたいと思います。比例代表での日本共産党の躍進にどうかお力をお貸しください」と訴えると、歓声と大きな拍手が湧き起こりました。

     

     比例代表の仁比そうへい候補は「日本共産党の訴えが届けば、山を動かすことはできる。くらしを支える社会保障の実現へ、国会で働かせてほしい」と訴えました。

     

    岡山

     

     

     岡山駅前では、野党統一の原田ケンスケ候補が「『9条を変えたい』『戦争する国にしたい』。そういう社会を子や孫の世代に絶対に渡してはならない」と語りました。

     

    広島

     

     

     改選数2の広島選挙区の広島市本通商店街前では、暑い中でも多くの聴衆が盛んに拍手を送り、買い物途中で足を止めた人々も訴えに耳を傾けました。

     

     高見あつみ選挙区候補が「消費税の増税ではなく国民の暮らしを守る政治を」と訴え。広島県原爆被害者団体協議会(県被団協)理事長の佐久間邦彦さんは「核兵器禁止条約の採択に尽力し、日本の政党として唯一、国連会議に参加したのは日本共産党。広島の声を国会でとりあげていただくためにも、応援しています」と期待を寄せました。

     

    福岡

     

     

     北九州市・小倉駅前と福岡市・天神では、福岡選挙区(改選数3)の、かわの祥子候補が「70歳、80歳になっても、病気・けがをしても働くのをやめられない。声なき声にこたえ、安心の年金をつくる」と訴え。歯科医師の杉山正隆さん、市民連合ふくおかの片山純子事務局長が期待を語りました。(しんぶん赤旗 2019年7月18日)


    2019.07.15 Monday

    生放送!とことん共産党 比例候補がテレビ電話で奮闘語る

    0

       

      訴えへの反応「しり上がり」

       

       「『比例は共産党』の大波を」―参院選の最終週、日本共産党創立記念日の7月15日に配信されたインターネット番組「生放送! とことん共産党」は、小池晃書記局長・参院比例代表候補と朝岡晶子さんの司会・進行で、他の6人の比例代表候補をテレビ電話でつないで奮闘の様子を交流し、日本共産党の躍進を訴えました。

       

       小池氏は新聞休刊日の16日用に準備されたばかりの「赤旗」号外を示し、比例候補と選挙区の3現職候補の活躍ぶりを紹介。立憲民主党の枝野幸男代表が福井選挙区の共産党公認野党統一候補の演説会で行った応援演説の動画を流し、野党共闘も「レベルがこれまでより上がっている」と強調しました。

       

       小池氏が参院決算委員会で安倍首相を年金問題で追及した様子をまとめた動画を紹介。再生回数は730万回を超えました。

       

       

       比例候補がテレビ電話を通じて登場。兵庫県での演説会を終えた山下よしき候補は、訴えに対する反応が「しり上がりにものすごくよくなっている」と述べました。仁比そうへい候補は佐賀県から出演し、「日増しに安倍政権には任せられないという声が広がっている」「原発は再稼働しながら、太陽光発電の出力を抑制するのは許せない」と訴えました。

       

       茨城県から埼玉県の事務所に戻った梅村さえこ候補は、年金や消費税10%引き上げの問題に加え、「共産党の歴史や理念など、党そのものを知ってもらう訴えをした」と紹介。しいばかずゆき候補は千葉県の事務所から「若い人が訴えを真剣に聞いてくれる」と語り、「どうしたら暮らしをよくできるか、模索しているのを感じている」と述べました。

       

       この日東北地方を縦断した紙智子候補は、「農業、漁業を守ってください」という声を受けるなど農・漁民に共産党への期待の高まりがあると紹介。井上さとし候補は京都での演説で「よし勝つぞという熱気を感じた」と述べ、核兵器禁止条約に署名する政府を実現しようと訴えていると紹介しました。

       

       番組では、日本共産党カクサン部「雇用のヨーコ」が踊りながら歌う「選挙に行こうの歌」やブラックバイトを告発するアニメ、メッセージビデオを次々と紹介。どれも日本共産党のホームページで見ることができます。(しんぶん赤旗 2019年7月17日)


      2019.07.15 Monday

      切実な声次つぎ 年金・最賃…仁比候補に託す

      0

         日本共産党の仁比そうへい参院比例候補は7月13日から15日にかけて宮崎、岡山、福岡各県の街頭や、佐賀県唐津市での個人演説会で訴えました。

         

         

         13日の宮崎市の宮崎駅前での訴えには、山田秀一、成見暁子の両弁護士が応援演説しました。政策プラスターに注目していた男子学生は、時給1500円などの政策に「本当にできるの」と話していましたが、法人税引き上げなどの提案に「(もうかっているのは)大企業ですもんね」と話し、「東京も宮崎も同じ最低賃金にしてほしい」と話しました。

         

         

         15日は福岡市内9ヵ所で街頭演説。繁華街・天神で買い物途中に演説を聞いた女性(78)は、「私は年金をいただいているけれど子どもの世代はどうなるか心配。今からの人たちを助ける年金制度をつくってほしい」と語りました。

         

         地域の党員の呼びかけで演説を聞きに来た団地住民の女性(66)は「お話は私たちと同じ生活層の声で理にかなっている」と話し、知人から誘われて来た男性(33)は、「話がリアル。聞いてその通りとうなずきました」と語りました。

         

         

         唐津市の個人演説会(15日)で、仁比候補は、原発でなく再生可能エネルギーへ転換をと訴え。浦田関夫地区委員長や井上祐輔県議が情勢などを報告し、吉野建三郎弁護士があいさつしました。(しんぶん赤旗 2019年7月17日)


        | 1/894PAGES | >>